肩・腰・膝の悩み

東京都 杉並区近辺で肩・腰・膝の痛みにでお困りの方はお気軽にご相談ください。
デスクワークや勉強・家事などで長時間同じ姿勢をとっていると、肩や背中、腰に痛みを生じることはありませんか?同じ筋肉ばかりに負担がかかり、血行が悪くなることが原因です。 状態が悪化すると頭痛や眼精疲労・しびれを発症する場合もあります。中高年の膝の痛みで最も多いのは、「変形性膝関節症」です。 加齢と共に膝の軟骨がすり減って骨と骨が直接接触する事で強い痛みを生じます。

ひとつでも当てはまっていたら当院にご相談ください

  • 肩が痛くて腕が上がらない
  • 肩がはっている
  • せき、くしゃみで痛みが走る
  • 朝起きたときに腰や背中が痛い
  • お尻から脚にかけてしびれを感じる
  • かがむと腰が痛い
  • 階段を使うと膝が痛くなる
  • 長時間歩くと膝が痛い
  • 病院や治療院に行っているのに改善しない
当院は今後痛くならない予防治療に力を入れています!

当院の施術によってこんな喜びの声を頂いてます

肩が軽くなる
腕が上がるようになる
腰の痛みが改善される
頭痛が改善される
膝が伸ばせるようになった
目の疲れが改善される
姿勢が良くなる
病院に行っても治らなかった症状が改善される

どこに行っても良くならなかった肩・腰・膝の痛み、原因は他にあるかもしれません。

痛みの周辺に原因があると思いがちですが、実は他のところに問題がある場合があります。
自分で決めてしまわずに、まずは当院にご相談ください。

当院の肩・腰・膝の治療

当院は、丁寧はカウンセリングと検査を行い、あらゆる側面からアプローチをしてその“痛み”と向き合っています。
痛みのほんとうの原因を特定し、お一人お一人に合った治療法を考え、根本的な改善と再発予防へと導いていきます。

「手技治療」「テーピング治療」「電気治療」など患者様の症状に合った治療を行います。

当院独自の手技NH(ナチュラルヒーリング)式骨格矯正法は、肩こり・腰痛・膝痛・猫背・骨盤矯正に効果があります。

肩・腰・膝の患者様の声を聞いてみる

■産後の身体の不調はありませんか?

カイロ・整体治療

こんにちは!

久我山みやび整骨院です。

 

今回は、産後骨盤矯正について紹介して行きます!

 

産後に身体的もしくは精神的な不調があると悩んでいませんか?
腰痛や尿漏れ、倦怠感など、多くの不調が現れる方は多いものです。
また、出産前の体型に戻りにくいと悩んでいる方も多くいらっしゃいます。
こういった悩みの根本改善を目指せる施術が産後骨盤矯正です!

 

◯産後骨盤矯正を受けられる方によくある症状

・出産前の体型になかなか戻らない

・妊娠前に履いていたズボンが入らなくなった

・産後から腰痛が酷くなっている

・尿漏れや便秘が気になる

・骨盤に不安定感がある

・恥骨周辺に痛みがある

・出産後の下半身太りが気になる

・妊娠中に増えた体重が減らない     etc…

 

 

◯産後骨盤矯正とはどんなものなのか?

出産によって骨盤が開いてしまい、骨盤の歪みが不調を引き起こしている可能性があります。その為、産後骨盤矯正にて骨盤を整える事が必要になります!

◯なぜ産後に骨盤が歪むか

妊娠をすると、子宮内で赤ちゃんが成長していくことで骨盤が少しずつ開いていきます。
これは、赤ちゃんが出産できるように起こる自然現象です。
リラキシンというホルモンが分泌され、骨盤が緩みやすいように作用します。

産後に開いてしまった骨盤は、インナーマッスルの力によって徐々に戻ろうとします。しかし、産後からはじまる育児によって通常よりも骨盤に負荷がかかってしまいます。その為、骨盤にづれを生じたり骨盤が妊娠前に戻らないという事が起こります。

 

 

◯骨盤が歪むとどうなるのか?

骨盤が歪んだままの状態だと身体・筋肉のバランスが崩れ、血流やリンパの流れが悪くなり、冷え性や新陳代謝の低下を招きます。また、骨盤の歪みから神経を圧迫し坐骨神経が出たり、仙骨や尾骨、恥骨の痛みなどといった症状が出ることもあります。

骨盤が歪んだままだと、内臓が元の位置にとどまれずに下がってくることから、その内臓を支えるために皮下脂肪が増えてしまうといった症状が現れたりします。お腹ぽっこりがなくならないのはそのためです。

その他骨盤の歪みによる筋肉の強弱や偏り、柔軟性がなくなることで、体の各部位にトラブルが起きやすくなります。

 

 

◯産後骨盤矯正はいつから始めたらいいの?

産後の骨盤矯正を行うのに最も効果的な時期は、産後2ヶ月から8ヶ月の間の6ヶ月間です。

何故この期間かと言うと出産時に出る骨盤を開かせるホルモンが産後8ヶ月まで出ている為です。

骨盤が元の状態に戻るまでは骨盤をつないでいる靭帯はゆるゆるで骨盤はグラグラしています。この固まっていない時期に骨盤を正しい位置に戻すのが重要です。この期間は産前にあった骨盤の歪みも正しい位置に戻す絶好のチャンスでもあります。

 

◯産後の方の尿漏れが多い原因

出産直後はまだ子宮も大きく、膀胱が圧迫された状態が続いていることと分娩時のいきみで骨盤底筋群に大きな負担がかかり、締まりの悪い状態になっていることが考えられます。

 

・尿漏れが起こる仕組み

妊娠による骨盤底筋の緩み→お腹に力が入る→膀胱を刺激→尿漏れ

 

・尿漏れが起きやすい人の傾向

尿モレの症状は、2人目、3人目と産んでいくごとに増える方が多いです。これは、出産のたびに骨盤底筋群が緩み、回数を重ねるごとに戻りづらくなるからです。
また、分娩によって骨盤周辺の筋肉や靭帯を傷めてしまう事で尿モレが起こりやすくなる場合もあります。骨盤底筋群を鍛えることで症状の改善が期待できます。

 

・30~40代の高齢出産の場合

骨盤底筋群は、加齢とともに緩む傾向にあります。そこに妊娠・出産の負担が加わり、30代、40代で尿モレの症状を訴える方が増えています。
尿モレを改善する骨盤底筋体操などを行うことで、老後の子宮下垂※なども予防できます。

 

・子宮下垂とは

通常膣の奥にある子宮が下降して膣のなかに落ち込んでしまう状態です。命にかかわる病ではありませんが、そのままにしておくと子宮が膣の外にでてしまう「子宮脱」になることもあります。

 

◯インナーマッスルを効率的に鍛えるにはEMSが効果的

EMSとは・・・筋肉や運動神経に電気刺激を与えて筋肉を収縮させます。医療分野では、脳血管障害などで自分の意志で運動ができなくなってしまった人のリハビリとして使用されています。
スポーツの分野では、オリンピック代表選手が用いて、高い効果が得られたことから注目され、以降筋肉トレーニングのための運動器として利用されています。

 

 

最後に、当院では産後骨盤矯正治療を行なっておりますので、お困りの方は是非一度当院へお問い合わせ下さい!

平日午前中であれば女性受付スタッフも滞在、キッズスペースも完備しておりますのでお子様連れでもご安心ください。

皆様のご来院スタッフ一同お待ちしております!

 

ホームページ(院や治療法の紹介)

公式LINEアカウント(LINEからもご予約できます)

Instagram(院情報発信中)

しんきゅうコンパス(鍼灸治療の情報掲載!)

Googleサイト(当院の口コミも宜しければお願いします❕❕

久我山みやび整骨院

03-6454-2180

当院では予約優先でのご案内とさせていただいておりますので、まずはお電話お待ちしております!

 

お問い合せ

月~土 午前 9:00~13:00 午後 16:00~20:00
日曜休み ※祝日は診療致します。

お問い合せ