鍼治療・美顔鍼

東京都 杉並区近辺で眼精疲労や頭痛・肩こりにお悩みの方、またお肌のたるみ、シミやシワが気になる方は当院にご相談ください。
鍼治療はマッサージでは届かない深層にある筋肉の凝りに直接アプローチすることで、根本的な改善が望めます。今までスッキリしなかった肩こりなどの症状が改善される場合もあります。

ひとつでも当てはまっていたら当院にご相談ください

  • 顔のたるみやフェイスラインが気になる
  • 口元のほうれい線が気になる
  • しわやシミが気になる
  • 顔の左右のバランスが気になる
  • 小顔になりたい
  • 顔・全身のむくみが取れにくい
  • 眼精疲労に悩んでいる
  • 首や肩が重い

当院の施術によってこんな喜びの声を頂いてます

お肌のトーンが明るくなった
むくみ・たるみが改善された
フェイスラインがすっきりした
しわやシミが少なくなった
リフトアップで小顔効果
化粧ノリが良くなった
代謝が良くなった
眼精疲労や肩こり、頭痛が改善された

エステや化粧品、美容器具などでは効果を得られなかったお肌の悩みが、美顔鍼で改善できる場合があります。

美顔鍼は、肌表面に働きかける治療法と違い、皮下にある筋肉や細胞に直接働きかけることができます。
そうすることでリンパや血流が促進され新陳代謝が活発になります。

当院の鍼治療・美顔鍼治療

人が本来持っている自然治癒力や免疫力を引き出すことで、根本的な改善を目指します。

鍼は髪の毛程度の太さの鍼を使用し、習熟した技術でほとんど痛みなく刺します。通常の施術で取れない痛みも、鍼なら筋の深層まで届き頑固な筋肉の緊張に対してとても有効です。

美顔鍼は、しわ、たるみ、くすみなどをとる美容鍼です。国家資格を持つ鍼灸師が施術するのでご安心ください。

鍼治療・美顔鍼の患者様の声を聞いてみる

■膝の痛み骨盤の歪みが原因かも!?

新着情報

こんにちは、久我山みやび整骨院です!

今回は、膝の痛みに関して紹介していきます。

なかなか良くならない膝の痛みに悩んでいる方も多いのではないでしょうか?

上の図は正常な膝を横から見た図なのですが、このどこかが変形したり、靭帯が切れたりすると痛みが出るわけです。

これから、どんな膝の症状があるのか書いていきますね!

 

変形性膝関節症:男女比は1:4で、特に高齢の女性に多いのですが、症状としては動き始めが痛い、水が溜まるなどです。

 

半月板損傷:上の図にもあるように内側と外側に半月板がそれぞれあり、クッションと膝関節の安定化の役割を果たしています。

これが損傷すると膝の曲げ伸ばしのときに痛みや、引っ掛かりを感じたりします。

 

膝の靭帯損傷:ぼくも体験したむちゃくちゃ痛いもので、動かすのもためらうくらいです。

膝が腫れてきたりしますが時間が経つと、痛みが取れてくるかわりに膝の安定感がなくなって、少しうごかしても膝が緩いなーという症状も出てきやすいです。

 

オスグッド病:発育期のスポーツ少年に多い症状になります。

 

膝の痛みには他にもいろいろありますが、ほとんど上記の症状が多いです。

 

〇どんな動作をしたら膝の痛みが出やすいのか?

 

膝の内側が痛いなどの患者さまの場合は、普段からの立ち方に問題があります。

靴の外側が減りやすい方は基本的に外側重心になりやすいのですが、外側重心になるとすねの外側がパンパンに張り、内側の圧力が大きくなりますので、これが膝の内側が痛くなる原因となります。

無意識に足の小指側に体重を掛けている方が多いのではないでしょうか?

必ず足の親指+人差し指がわに体重をかけて立ってください!

外側にかけ続けると、O脚の原因にもなりますので注意が必要ですよ!

〇膝の痛みの原因は膝だけじゃない?

膝とは関係のない筋肉の硬さが出ることによる「関連痛」というものもあります。なので膝だけを治しても一時的には痛みは取れますが、根本的には治っていないのですぐに痛みが再発しやすいです。

 

〇膝が痛くなったらどうしたらいいの?

本的に膝が痛くならないような姿勢や座り方を心がけてください。

(足を組まない・外側重心にならない・お姉さん座りをしないなど)

痛み止めや湿布をしたとしても、一時的な効果しかありません。

特に片方の膝だけが強烈に痛いのなら、重心が偏っている証拠になります。

骨盤のゆがみを治し、お尻の筋肉やお腹側の筋肉を調整するだけで改善するケースもあります。

 

当院では、膝の痛みだけではなく、なかなか良くならない症状に対して、骨盤矯正+EMS治療で根本治療を行っております!

お困りの方は是非、一度お問合せ下さい!

ホームページ(院や治療法の紹介)

LINE公式アカウント(ラインからもご予約できます)

Instagram(院情報発信中)

しんきゅうコンパス(鍼灸治療の情報掲載!)

Googleサイト(当院の口コミも宜しければお願いします❕❕

久我山みやび整骨院

03-6454-2180

当院では予約優先でのご案内とさせていただいておりますので、まずはお電話お待ちしております!

 

■腰が痛いのにそのままにしていませんか?

新着情報


こんにちは、久我山みやび整骨院です。

今回は腰痛についてお話をしようと思います。

皆さんは腰痛で悩んだことはありませんか?

あったとしてもほったらかしにしていることはありませんか?

その腰痛そのままにしておくと大変なことになるかもしれません。

そんな悩みに対しての治療法、対処法などをいくつか紹介していこうと思います。

まず腰痛の原因として

・姿勢の悪さ

・過度の運動や動かし過ぎ

・筋肉の衰え

・骨の老化などが考えられます。

1.姿勢の悪さ

人の身体は正しい骨格の形があります。

横から見た時に首(頸椎)から腰(腰椎)にかけて緩やかなS字になっていてその下には骨盤があります。頸椎から腰椎の間にはクッションの役割をしている椎間板があり負担を軽減してくれます。S字になっていることで身体にかかる負担を和らげる役割をしています。

S字が崩れてしまうと身体に負担がかかり骨格のバランスが崩れ骨の周りについている筋肉が緊張し硬くなり痛みの原因になってきます。

ひどい人だと椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症を引き起こす可能性があります。

なので骨格のバランスをしっかりすることで筋肉が正常に緊張することなく機能するので痛みのは出にくくなります。

対処法としては

・パソコンやスマホを見る際はなるべく早くディスプレイと目の位置を合わせましょう。そうすることで首や背中への負担が減り猫背や巻肩を防ぐことができます。

・長時間触っていることも多いと思うのでこまめに肩首を回したり胸周りの筋肉のストレッチをしましょう。

歪んでしまった場合の治療法としてはまずは骨盤や背骨の位置を正しい位置に戻すことと背骨から骨盤に付いているインナーマッスルをしっかりトレーニングしてあげることで理想的な身体になるので腰への負担がなくなり痛みが出にくい身体を作ることができます。

2.過度の運動

1で述べた通り骨格が歪むと筋肉が緊張して正常に筋肉が機能しなくなります。筋肉が正常に機能しないのにもかかわらず腰に負担をかける運動(過伸展、屈曲、回旋)をすることで腰痛を発症しやすくなります。まず動かしすぎたなと思ったらアフターケアとしてストレッチや痛みが出る前に腰の治療を行うことをお勧めします!

3.筋肉の衰え

筋肉は身体全体についていますがここで重要なのは腹筋(体幹の筋肉)になります。腹筋にも色々ありますが特にインナーマッスルが重要になってきます。インナーマッスル(腸腰筋)が弱くなると身体の前後でのバランスが悪くなりインナーが弱くなることにより腰への負担が大きくなり痛みの原因にもつながります。腸腰筋は身体で唯一胸腰椎から骨盤を通り大腿骨小転子へ付く筋肉です。これが弱くなると骨盤が前傾・後傾したり猫背やストレートネックになり腰だけ出なく背部、頚肩部にも影響が出てきます。なのでインナーマッスルをしっかり鍛えることで身体の歪みがなくなり腰への負担と痛みが出るのを軽減する効果があります。

4.骨の老化

骨の中では常に古い骨が削られ(骨吸収)、代わって新しい骨がつくられています(骨形成)。これにより骨折しにくい弾力のある強さが保たれています。この骨吸収と骨形成のバランスが崩れ、骨を作る量よりも、削られる量が増えると骨の量が減少してゆき骨がもろくなります。

ダイエットなどによる栄養不足も骨の老化と考えられるので無理なダイエットや減量は控えましょう。

あとは筋肉による骨への刺激も大切と言われ散歩や体操、ストレッチなどやることで骨の老化防止になります。

これまで腰痛の原因を紹介した中で治療法や対処法も述べたと思います。対処法についてはご自身で一度やってみてください。

当院はまず原因追求をしっかり行なった上で治療を行なっています。

これそうかも?という腰の症状などあればお気軽に久我山みやび整骨院スタッフまでお申し付けください。相談お待ちしております。

当院はホームページやSNSでも情報を発信しております!

 

是非チェックしてみて下さい。

 

下記のリンクからそれぞれのところへ飛べるようになっています。

ホームページ(院や治療法の紹介)

公式LINEアカウント(LINEからもご予約できます)

Googleサイト(当院の口コミも宜しければお願いします❕❕

Instagram(院情報発信中)

しんきゅうコンパス(鍼灸治療の情報掲載!)

久我山みやび整骨院

03-6454-2180

 

お問い合せ

月~土 午前 9:00~13:00 午後 16:00~20:00
日曜休み ※祝日は診療致します。

お問い合せ