鍼治療・美顔鍼

東京都 杉並区近辺で眼精疲労や頭痛・肩こりにお悩みの方、またお肌のたるみ、シミやシワが気になる方は当院にご相談ください。
鍼治療はマッサージでは届かない深層にある筋肉の凝りに直接アプローチすることで、根本的な改善が望めます。今までスッキリしなかった肩こりなどの症状が改善される場合もあります。

ひとつでも当てはまっていたら当院にご相談ください

  • 顔のたるみやフェイスラインが気になる
  • 口元のほうれい線が気になる
  • しわやシミが気になる
  • 顔の左右のバランスが気になる
  • 小顔になりたい
  • 顔・全身のむくみが取れにくい
  • 眼精疲労に悩んでいる
  • 首や肩が重い

当院の施術によってこんな喜びの声を頂いてます

お肌のトーンが明るくなった
むくみ・たるみが改善された
フェイスラインがすっきりした
しわやシミが少なくなった
リフトアップで小顔効果
化粧ノリが良くなった
代謝が良くなった
眼精疲労や肩こり、頭痛が改善された

エステや化粧品、美容器具などでは効果を得られなかったお肌の悩みが、美顔鍼で改善できる場合があります。

美顔鍼は、肌表面に働きかける治療法と違い、皮下にある筋肉や細胞に直接働きかけることができます。
そうすることでリンパや血流が促進され新陳代謝が活発になります。

当院の鍼治療・美顔鍼治療

人が本来持っている自然治癒力や免疫力を引き出すことで、根本的な改善を目指します。

鍼は髪の毛程度の太さの鍼を使用し、習熟した技術でほとんど痛みなく刺します。通常の施術で取れない痛みも、鍼なら筋の深層まで届き頑固な筋肉の緊張に対してとても有効です。

美顔鍼は、しわ、たるみ、くすみなどをとる美容鍼です。国家資格を持つ鍼灸師が施術するのでご安心ください。

鍼治療・美顔鍼の患者様の声を聞いてみる

■急性腰痛(ギックリ腰)について

新着情報

こんにちは!久我山みやび整骨院です。

冬の時期は気温の低下が原因でギックリ腰の患者様が増えやすい時期です。

今回はは急性腰痛(ギックリ腰)についてご紹介していきます!

 

◯急性腰痛とは?

急性腰痛症(ぎっくり腰)とは重いものを持ったり、急な動作によって突然腰に痛みが走り、場合によっては動けなくなってしまう病気です。
腰の関節や椎間板に大きな力がかかることで、腰を支える靱帯などに部分的な損傷が起こることが多く、痛みの原因はさまざまです。
老若男女問わず、若い人でも多いことが特徴で、下肢に痛みやしびれがある場合は椎間板ヘルニアへ移行することもあります。

初期は痛みの原因となった動作を行うと激しい痛みが伴い、歩く事や姿勢を変える事も難しくなります。

その後は1〜2週間で痛みが落ち着いていき、徐々に回復していくのが一般的です。

 

◯ぎっくり腰の原因は?

筋肉疲労

まず挙げられるのが、筋肉の慢性疲労です。ぎっくり腰は突然起りますが、症状としていきなり現われるだけで、ゆっくりとその原因となるもの は進行しているのです。中腰で荷物を持ち上げようとした瞬間に激痛が走ったり、よろめいてちょっと片足を勢いよくついてしまった瞬間芯とにぎっくり腰になりやすいですが、日常の中 で同じ動作をしても平気だったのに、ある瞬間にぎっくり腰に芯ってしまうのです。これは、少しずつ溜め込んだ筋肉疲労があるとき負担の許容量を超えてしまい、 腰痛として発症したしまったといえるでしょう。
日常生活を送る中で、筋肉疲労は必ず起こります。それを回復するメカニズムを持ち合わせていますが、 睡眠不足や栄養のバランスが取れていないかったり、 運動不足や座りっぱなしの仕事を続けるなどしている と、筋肉疲労が回復することなく徐々に蓄積されていき、やがて腰痛を招いてしまうことになります。

 

 

骨格の歪み

ぎっくり腰になる原因の一つに骨格の歪みもあげるととができます。私たちの日常生活を振り返ってみると、立ちっぱなしの仕事や座りっぱ芯しの仕事に就いていると、長時間、限られた姿勢でいることが多いでしょう。
こうすることで、身体の柔軟性が失われていき、同じ骨格や筋肉だけを使うことになってしまいます。こうしたことが筋肉のアンバランスを生み出し、骨格の歪みを招いてしまいます。
歪んだ骨格は左右のアンバランスを生み出し、その周辺の筋肉への負担が変わります。身体のバランスをとろうとする代わりの筋肉にも徐々に筋肉疲労が蓄積され、やがて腰痛につながたってしまいます。

 

 

いきなりの過負荷

若い人やスポーツ選手に多いぎっくり腰の原因一つで、高いところから飛び降りた着地の瞬間や勢いよく振り返った瞬間、横になっていて勢いよく起き上がったときなど、止まっている状態からいきなり動いたときや動きの急激な切り替えのときに、腰にいきなりの過負荷がかかり、ぎっくり腰を起こしてしまいます。これら以外に、体重や筋肉のバランスや生活習慣、体質なども考えられます。

 

 

◯ギックリ腰にならない為には

ぎっくり腰を経験すると、その後の1年間で約1/4の患者さんが再発するといわれています。再び苦しまないためにも、しっかりと再発防止に取り組むことが大切です。再発を予防するためにすべきことは、主に4つ。

無理な姿勢をとらない

腰に負担がかかるような姿勢を避けましょう。代表的には前かがみの姿勢です。

 

ストレスを軽減する

ストレスが続くと痛みに敏感になります。音楽や食べ物など、自分の好きなものを生活に取り入れ、 ストレスを軽減しましょう。

 

肥満を防ぐ

肥満があると体重が重い分、腰に負担がかかって腰痛が起こりやすくなります。

 

適度な運動を行う

痛みがなくなって完治した後に、体を動かすことは、腰をいたわるという意味で効果が期待されます。

 

 

◯ギックリ腰になってしまったら

まず応急処置としてぎっくり腰になった直後は炎症期なので、マッサージやお風呂に入り温めるといった行為は行わず、安静にし、患部を十分に冷やしてください。その後、なるべく早めに治療にいらしてください!

そのままにしておくと、慢性化し治りづらくなってしまったり、きちんと治しておかないと再発する確率が非常に高くなります。

 

◯治療の内容

ギックリ腰の場合では鍼治療がおすすめです。

損傷した箇所に直接アプローチができるほか、負担をかけている筋肉の張りなどを緩める効果があるので、より早期回復が見込めます。

辛いギックリ腰でお悩みの方是非1度お問い合わせ、ご来院お待ちしております❗️

 

ホームページ(院や治療法の紹介)

公式LINEアカウント(LINEからもご予約できます)

Instagram(院情報発信中)

しんきゅうコンパス(鍼灸治療の情報掲載!)

Googleサイト(当院の口コミも宜しければお願いします❕❕

久我山みやび整骨院

03-6454-2180

当院では予約優先でのご案内とさせていただいておりますので、まずはお電話お待ちしております!

 

 

 

 

 

 

■肩の辛さや腕のしびれありませんか?

新着情報

こんにちは!久我山みやび整骨院です!

今回は胸郭出口症候群についてご紹介していきます!

 

◯こんなお悩みありませんか?

・両手にしびれが出る

・腕を挙げていると手が痺れてくる

・携帯電話を操作していると手が痺れる

・つり革を持つと手が痺れてくる

・デスクワークをしていると徐々に手が痺れてくる

 

◯胸郭出口症候群とは?

胸郭出口症候群とは首(頸部)から肩、腕、指、背部などにかけての痛みやしびれ、だるさ(倦怠感)、脱力感、冷感などを訴える場合、原因が何であれその症状に対してつけられる病名です。したがって、この頸肩腕症候群をきたす病気としては、変形性頸椎症(へんけいせいけいついしょう)、頸椎椎間板(けいついついかんばん)ヘルニア、頸椎後縦靭帯骨化症(けいついこうじゅうじんたいこつかしょう)、胸郭出口症候群(きょうかくでぐちしょうこうぐん)などが多いです。ただし、原因がはっきりしない場合は頸肩腕障害となります。

 

◯どのような症状があるのか?

いつも肩や腕にだるさを感じる。

・腕や手に冷たさを感じる。

・PCやデスクワークで肩が重くなる。

・買い物袋など重い荷物を持つと腕や肩が辛くなる。

・つり革、ドライヤーなど顔より上に手を上げ続けると肩や腕が辛くなる。

・腕・手・肩・背中などがしびれる。

・手や指がむくむ。

 

◯タイプ

圧迫型と牽引型・その両方を併せ持った混合型の3つに大別され、それぞれ異なった特徴があります。

胸郭出口症候群は長期化すると、約25%の方に自律神経症状(頭痛・立ちくらみ・不眠・胃腸障害・全身倦怠感などの不定愁訴)を伴います。

放っておくと治りづらく、時間を経てから治療を開始すると、治すのに時間を要します。

したがって、早期にしっかりと治すことが大事になってきます。

 

圧迫型

筋肉質で怒り肩の男性に多く(男2:女1)、年齢も比較的高い傾向にあります。

腕を上に上げる姿勢をとる方に多いです。

 

牽引型

若い女性に多く、首が長くなで肩、猫背で顎が前に突き出した姿勢の方に多いです。

正面から見ると鎖骨は水平か少し肩のほうに向かって下がっており、鎖骨上窩(鎖骨の上にある窪み)が消失し肩甲骨の位置がずれます。

腕を下におろしている姿勢の時に症状が出やすい。

腕の重さによって神経が牽引され症状が出ます。

 

◯胸郭出口症候群の原因

胸郭出口症候群は主に次の3つに分けられます。

①斜角筋症候群  ②肋鎖症候群  ③小胸筋症候群

上記の首・肩周りの筋肉、鎖骨と肋骨の間で神経・血管を圧迫してしびれ・神経痛を起こします。

斜角筋症候群……首から肩にかけて存在する前斜角筋と中斜角筋の間で神経や血管が圧迫されている状態

肋鎖症候群……鎖骨と肋骨の一番上の骨の間で神経や血管が圧迫されている状態

小胸筋症候群(過外転症候群)……腋の辺りの筋肉(小胸筋)と肩甲骨が接する部分辺りで神経や血管が圧迫されている状態

・使いすぎの過労

たとえばパソコン作業や、細かい作業をするための手指の筋肉に、ある程度以上の力をこめて、毎日使いつづけると、これらの筋肉は疲労して来ます。それでもなお休めないで使うと、だんだん痛み、こり、ついには、はれなどをおこし、手指が曲がらなくなったり、のびなくなったり、けいれんをしたりなどの症状が出てきます。
手指にあるような小さい筋肉ほど疲れやすく、疲れのなおりが遅区なります。

 

・じっとしている疲れ

私たちの筋肉は、適当な運動を行なうことで、血液の流れをよくしその力を保つことができるようになっています。ところが反対に、全く使わないでじっとしていると、かえって血の流れが少なくなり、筋肉は萎縮してゆきます。
また、筋肉は、静的緊張といって、ある状態をじっと続けていると、極端に血流がへって、必要な酸素や栄養素が充分におぎなえなくなり、疲労物質がたまってきます。この状態も、胸郭出口症候群のおこる重大な理由だと考えられます。同じ姿勢をじっと保ち、目と腕というように、同じ筋肉ばかり使っているベルトコンベアーの人達などは、この要素が大きいでしょう。

 

・不自然な姿勢、のびすぎ、ちぢみすぎ

ある一定時間、きめられた姿勢を続けるためには、整理にかなった楽で自然な形というものがあります。しかし機械に合わせた姿勢や、せまいところで無理にしゃがみこんだり、高いところへ無理にのびあがったりで、どうしても仕事の上から、快くない無理な姿勢や、動作をしなければならず、しかもこれをくりかえしていると、症状が出やすくなるようです。無理や不自然でない姿勢でも、あんまり長い時間じっとしているのも、頸、肩、背、腰に大きな負担をかけます。

 

◯日常生活の改善

は、急性に病気がおこって、比較的短期間になおってゆくこともありますが、再発しやすかったりして、やはり慢性病として気長な療養が必要な病気と考えるべきでしょう。長い経過をたどる病気では病院の治療も大切ですが、自宅での治療や、患者さん自身のする治療、それを助ける日常生活のすごし方が、病気の経過に大きな影響を与えます。

 

◯予防

・同じ姿勢を長く続けない

・蒸しタオルなどで肩を温めて筋肉の血行を良くし疲労を取る

・適度な運動や体操をする

・入浴し身体を温め、リラックスする

◯まとめ

胸郭出口症候群は私生活の負担量により姿勢の悪さが原因となり起こるケースも少なくありません。当院では姿勢改善から行い症状の出づらい身体作りに取り組んでおります。辛い症状でお困りの方はお気軽にお問い合わせください!

ホームページ(院や治療法の紹介)

公式LINEアカウント(LINEからもご予約できます)

しんきゅうコンパス(鍼灸治療の情報掲載!)

Googleサイト(当院の口コミも宜しければお願いします❕❕

 

久我山みやび整骨院

03-6454-2180

当院では予約優先でのご案内とさせていただいておりますので、まずはお電話お待ちしております!

 

 

 

 

 

 

 

お問い合せ

月~土 午前 9:00~13:00 午後 16:00~20:00
日曜休み ※祝日は診療致します。

お問い合せ