骨盤矯正

東京都 杉並区近辺で出産後の体の悩み(特に下半身の悩み)でお困りの女性の方、当院の産後矯正施術をしませんか?
えっ!?こんなに楽に治るの!? 痛みの全くない骨盤矯正! 根本の原因から改善します。
美容のための骨盤矯正・産後矯正を得意としています。骨、そして体の内側からキレイに美しくなります。

ひとつでも当てはまっていたら骨盤がずれている可能性がかなり高いです!

  • 産後のぽっこりお腹や腰痛でお悩みの方
  • スカート・パンツをはく時に骨盤で当たってはきにくい方
  • ピタッとしたパンツをはいた時、腰骨がずれて痛い方
  • 靴のかかとが斜め(内か外)に減っている方
  • ウエストの位置が左右で違っている方
  • 歩いているうちに、スカートが右か左に回ってしまう方
  • 仰向けに寝ると床とウエストの間に隙間が出来る方
  • O脚の方

産後の方の悩みと症状は次の通りです!

出産後のむくみや冷えが気になっています。
産後、下半身太りの体型になってしまいました。
産後の骨盤の開きが気になっています。
産後の体重が戻らなくて困っています。
妊娠中からの腰痛が産後も続いています。

実は、骨盤のゆがみが
ウエスト・ヒップのサイズ、下半身太りにつながっているのです!

出産や座り方などで、骨盤が歪んで骨盤が開いた状態のままになると、
ヒップが横に広がって四角くなります。そうするとウエスト・ヒップともボテッとして感じで太くなります。
それが原因で、重心が外側(O脚)になります。

当院の骨盤矯正治療

骨盤が歪むと、腰痛、生理痛、生理不順、過食、倦怠感、猫背、頭痛、肩こりなど、多くの症状に悩まされ、呼吸器系や循環器系にまで影響を及ぼします。

骨盤矯正は一般的な食事制限や運動を主体としたダイエットではなく、体の歪みを正すことで、痩せやすい状態にする大変健康的な手法です。 開いた骨盤や、広がった腹筋を正す(内側に締める)ことで、内臓も正常な位置で機能し、疲れにくく、痩せやすい体質に改善することができます。
骨盤が正常な可動範囲で動くことで骨盤周りの筋肉の血行が良くなり、基礎代謝が上がり、痩せやすい体へ導きます。

当院では、患者様の体に負担が少なくなるように骨盤矯正専用「トムソンベッド」を導入しております。

骨盤矯正の患者様の声を聞いてみる

■急性腰痛(ギックリ腰)について

新着情報

こんにちは!久我山みやび整骨院です。

冬の時期は気温の低下が原因でギックリ腰の患者様が増えやすい時期です。

今回はは急性腰痛(ギックリ腰)についてご紹介していきます!

 

◯急性腰痛とは?

急性腰痛症(ぎっくり腰)とは重いものを持ったり、急な動作によって突然腰に痛みが走り、場合によっては動けなくなってしまう病気です。
腰の関節や椎間板に大きな力がかかることで、腰を支える靱帯などに部分的な損傷が起こることが多く、痛みの原因はさまざまです。
老若男女問わず、若い人でも多いことが特徴で、下肢に痛みやしびれがある場合は椎間板ヘルニアへ移行することもあります。

初期は痛みの原因となった動作を行うと激しい痛みが伴い、歩く事や姿勢を変える事も難しくなります。

その後は1〜2週間で痛みが落ち着いていき、徐々に回復していくのが一般的です。

 

◯ぎっくり腰の原因は?

筋肉疲労

まず挙げられるのが、筋肉の慢性疲労です。ぎっくり腰は突然起りますが、症状としていきなり現われるだけで、ゆっくりとその原因となるもの は進行しているのです。中腰で荷物を持ち上げようとした瞬間に激痛が走ったり、よろめいてちょっと片足を勢いよくついてしまった瞬間芯とにぎっくり腰になりやすいですが、日常の中 で同じ動作をしても平気だったのに、ある瞬間にぎっくり腰に芯ってしまうのです。これは、少しずつ溜め込んだ筋肉疲労があるとき負担の許容量を超えてしまい、 腰痛として発症したしまったといえるでしょう。
日常生活を送る中で、筋肉疲労は必ず起こります。それを回復するメカニズムを持ち合わせていますが、 睡眠不足や栄養のバランスが取れていないかったり、 運動不足や座りっぱなしの仕事を続けるなどしている と、筋肉疲労が回復することなく徐々に蓄積されていき、やがて腰痛を招いてしまうことになります。

 

 

骨格の歪み

ぎっくり腰になる原因の一つに骨格の歪みもあげるととができます。私たちの日常生活を振り返ってみると、立ちっぱなしの仕事や座りっぱ芯しの仕事に就いていると、長時間、限られた姿勢でいることが多いでしょう。
こうすることで、身体の柔軟性が失われていき、同じ骨格や筋肉だけを使うことになってしまいます。こうしたことが筋肉のアンバランスを生み出し、骨格の歪みを招いてしまいます。
歪んだ骨格は左右のアンバランスを生み出し、その周辺の筋肉への負担が変わります。身体のバランスをとろうとする代わりの筋肉にも徐々に筋肉疲労が蓄積され、やがて腰痛につながたってしまいます。

 

 

いきなりの過負荷

若い人やスポーツ選手に多いぎっくり腰の原因一つで、高いところから飛び降りた着地の瞬間や勢いよく振り返った瞬間、横になっていて勢いよく起き上がったときなど、止まっている状態からいきなり動いたときや動きの急激な切り替えのときに、腰にいきなりの過負荷がかかり、ぎっくり腰を起こしてしまいます。これら以外に、体重や筋肉のバランスや生活習慣、体質なども考えられます。

 

 

◯ギックリ腰にならない為には

ぎっくり腰を経験すると、その後の1年間で約1/4の患者さんが再発するといわれています。再び苦しまないためにも、しっかりと再発防止に取り組むことが大切です。再発を予防するためにすべきことは、主に4つ。

無理な姿勢をとらない

腰に負担がかかるような姿勢を避けましょう。代表的には前かがみの姿勢です。

 

ストレスを軽減する

ストレスが続くと痛みに敏感になります。音楽や食べ物など、自分の好きなものを生活に取り入れ、 ストレスを軽減しましょう。

 

肥満を防ぐ

肥満があると体重が重い分、腰に負担がかかって腰痛が起こりやすくなります。

 

適度な運動を行う

痛みがなくなって完治した後に、体を動かすことは、腰をいたわるという意味で効果が期待されます。

 

 

◯ギックリ腰になってしまったら

まず応急処置としてぎっくり腰になった直後は炎症期なので、マッサージやお風呂に入り温めるといった行為は行わず、安静にし、患部を十分に冷やしてください。その後、なるべく早めに治療にいらしてください!

そのままにしておくと、慢性化し治りづらくなってしまったり、きちんと治しておかないと再発する確率が非常に高くなります。

 

◯治療の内容

ギックリ腰の場合では鍼治療がおすすめです。

損傷した箇所に直接アプローチができるほか、負担をかけている筋肉の張りなどを緩める効果があるので、より早期回復が見込めます。

辛いギックリ腰でお悩みの方是非1度お問い合わせ、ご来院お待ちしております❗️

 

ホームページ(院や治療法の紹介)

公式LINEアカウント(LINEからもご予約できます)

Instagram(院情報発信中)

しんきゅうコンパス(鍼灸治療の情報掲載!)

Googleサイト(当院の口コミも宜しければお願いします❕❕

久我山みやび整骨院

03-6454-2180

当院では予約優先でのご案内とさせていただいておりますので、まずはお電話お待ちしております!

 

 

 

 

 

 

■運動中や日常生活で肘が痛むことはありませんか?

新着情報

こんにちは!

久我山みやび鍼灸整骨院です。

皆さんは日常生活の中で物を持ち上げたり手を捻ったりする動作で肘が痛むことなんかはありませんか?

今回は肘の疾患の中でも多くの人がなりやすい「外側上顆炎」についてお話します!

 

○外側上顆炎(テニス肘)とは

手首を伸ばす働きをする筋肉に炎症が起き、肘関節の外側に痛みが出る疾患です。

テニスをやっている方に多く発症することから「テニス肘」と呼ばれますが実際にはテニス以外のスポーツであったり、手首や肘を繰り返し酷使してしまう調理師や長時間のパソコン作業、家事など日常生活の動作によっても発症するケースも少なくありません。

特に30歳代~50歳代に多く、発症すると痛みの影響から普段の生活に支障をきたしてしまうことがあります。

 

痛みの原因である指や手の関節を伸ばす筋肉は上腕骨の外側上顆と呼ばれる部分に付着しています。

物を持ち上げたり手を捻ったりする動作を繰り返すと慢性的に外側上顆に炎症が引き起こされ、ダメージが蓄積されると微小な断裂や損傷が起きることで外側上顆炎が発症します。

※交通事故などでもハンドルを強く握った際に肘の筋肉に急激な力が入ることで炎症を引き起こすことがあります。

○症状

症状は、ある一定の動作をしたときに肘の外側から前腕が痛むことが特徴です。

たとえば、ものを掴んで持ち上げる、タオルや雑巾を絞るなどといった動作に伴って痛みが生じることがあります。

その一方で、安静にしているとき(筋肉の動きを伴っていない)には痛みが生じないことが多いです。

 

○少しでも違和感がある場合は

肘の違和感や痛みを感じる場合外側上顆炎かどうかを判断する方法として一般的には3種類の検査方法が用いられています。

①Thomsen(トムセン)テスト

②Chair(チェア)テスト

③中指伸展テスト

これらの検査で肘から前腕にかけて痛みが誘発された場合は外側上顆炎と診断されることがほとんどです。

 

○治療法

外側上顆炎の治療法は手術もありますが保存的治療を行うことが原則的です。

・保存療法

ストレッチや原因となるスポーツの一時的な中止を含めた患部の安静、装具着用、薬物投与などがあります。

この中でも重要なのがストレッチです。

外側上顆炎が起こる要因は使いすぎによるものなので、少し作業を控えてもらうとともに手首周辺の筋肉のストレッチを行います。

また、作業を行うときなどは手首を固定したり外側上顆炎用のベルト(装具)を装着します。

急性期や痛みが強い場合は局所ブロック(ステロイド)で痛みを軽減させます。

スポーツ後や作業後の応急処置としてアイシングを行うことも効果的です。

とにかく局所を安静にすることが重要になるので手のひらを下にして持っていたものを上から持つようにするなど肘に負担がかからないように心がけることが大切です。

 

○セルフケア

痛みの緩和には前述したようにストレッチであったり、時には筋力トレーニングが有効な場合があります。

たとえば、肘を伸ばした状態で手首を曲げ、数十秒静止した後に脱力することや

腕や手首を回す運動など手軽なものを取り入れると良いでしょう。ただし、痛みが強いときは控えるように!

筋力トレーニングに関しては外側上顆炎は治療しても再発することが多いためその予防として急性期(約3週)後に上肢全体の筋力トレーニングを加えると良いと思います。

このような保存療法とセルフケアを心がけ、とにかく安静していれば通常は後遺症などが起こる可能性は低いです。

受賞直後の適切な応急処置と保存療法・セルフケアを行うことで肘のみならず身体全体の怪我の予防に繋げることが大切です。

 

当院では外側上顆炎に対する治療として

鎮痛・抗炎症・血行促進の効果が期待される鍼治療を推奨しております。

カウンセリングからセルフケアまでしっかりと対応させていただきますので少しでもお悩みがある方はお気軽にご相談ください。

 

当院はホームページやSNSでも情報を発信しております!

是非チェックしてみて下さい。

 

下記のリンクからそれぞれのところへ飛べるようになっています。

 

https://kugayama-miyabi.com/

 

公式LINEアカウント(LINEからもご予約できます)

https://line.me/R/ti/p/%40405uszcp

Instagram(院情報発信中)

https://instagram.com/kugayamamiyabi?igshid=1tdegzavmdyaj

 

しんきゅうコンパス(鍼灸治療の情報掲載!)

https://www.shinq-compass.jp/salon/detail/33931

 

Googleサイト(当院の口コミも宜しければお願いします❕❕

https://www.google.com/maps/place/%E4%B9%85%E6%88%91%E5%B1%B1%E3%81%BF%E3%82%84%E3%81%B3%E6%95%B4%E9%AA%A8%E9%99%A2/@35.6885058,139.5973271,17z/data=!3m1!4b1!4m5!3m4!1s0x6018f1fcb30f7765:0xe9497baaf6f5e2d9!8m2!3d35.6885058!4d139.5995158

 

久我山みやび整骨院

03-6454-2180

お問い合せ

月~土 午前 9:00~13:00 午後 16:00~20:00
日曜休み ※祝日は診療致します。

お問い合せ