交通事故治療

東京都 杉並区近辺でむちうち・腰椎捻挫などの交通事故治療でお困りの方はお気軽にご相談ください。
当治療院は交通事故専門分野を得意としており親身になってご対応させて頂きます。
知識も豊富ですので自賠責保険のご相談もお任せください。

ひとつでも当てはまっていたら当院にご相談ください

  • 首や肩がだるく、いつまでも治らない
  • 手、腕、腰、足などに痺れ(しびれ)がある
  • 頭痛、めまい、吐き気、ふらつきの症状を感じている
  • 視力低下、後頭部の痛み、眼のかすみなど
  • 起きたときに体に痛みを感じる
  • 座っているときに背中や腰が痛い

以下のようなケースにおいて、自賠責保険を活用して無料で治療を受けることが出来ます。

自分から相手に追突してしまった
相手から追突された
知人の運転する車に同乗していて事故にあった
自転車に乗っていて車に追突された
ガードレールにぶつけるなどの物損事故を起してしまった
玉突き事故にまきこまれた
車のドアに指を挟んでしまった

交通事故の後に体の不調を感じる場合、まずは一度お問い合せください。
自賠責保険が適用され、無料で治療を受けれるケースが多々あります。

交通事故・むちうち治療はどこの整骨院も同じではありません。
通院・転院の手続きは、お電話一本と簡単です!
ご自分が希望する整骨院で、治療を受けることが可能です。

当院の交通事故治療

当院は交通事故の治療に関して豊富な経験知識を持っております。
あらゆる交通事故・むちうち治療してきた専門スタッフが、被害に遭われた方のお気持ちになって誠意を持って治療をさせて頂きます。

「むち打ち症」と言う病名はございません。 一般的に交通事故によって起こる頚部の痛みを「むち打ち」や「むち打ち症」と言いますが、”外傷性頚部症候群”を「むち打ち症」と理解されている事が多数です。 小さなものですと、レントゲンには現れませんが、数年後に痛み出すケースもあります。

交通事故治療の自己負担金は0円です。患者様が治療費を負担することは一切ありません。 又、治療期間は特に制限は設けられていませんので完治するまで通院してください。 専門スタッフが在籍していますので、自賠責保険や慰謝料のご相談にも応じます。

●交通事故に遭われた場合、物損扱いするように頼まれてもはっきりと断ることが大切です。人身事故の証明となる(事故証明)を必ずとることをお勧めします。

●交通事故から2週間以上経った後、むち打ちや腰痛など痛みが出てくる場合もありますので、早めにご来院下さい。

●自賠責(交通事故治療)での治療期間には、はっきりした決まりがありません。むち打ちや腰痛などの症状が治癒あるいは症状が固定の時期までしっかり治療を継続し、出来る限り交通事故の後遺症を残さないようにしましょう。

交通事故治療の流れ

(1)警察への通報

事故にあった場合、事故の大きさに限らず必ず、警察に届け出ましょう。
負傷者の有無を確認し、負傷者がいる場合はすぐに救急車を呼んでください。

保険の支払い等に必要な「交通事故証明書」が、通報しなければ発行されませんのでご注意ください。
こちらが被害者で負傷があれば、「人身交通事故扱い」の届け出を、後日電話でも構いませんので行ってください。

(2)相手の確認

警察の到着までの間に相手の車検証・免許証を確認してください。

【確認項目】
●相手の住所・氏名・電話番号・免許証の登録番号
●相手の勤務先と雇い主(業務中の交通事故の場合、原則として雇い主にも賠償責任が発生します)
●こちらが被害者の場合、加害者が加入している自賠責保険・自動車保険(任意保険)の会社名・証明書番号などを確認。
相手が無免許の場合や、自賠責保険や任意保険に加入してない場合もあるため、警察も確認しますが自分でも確認する必要があります。

(3)目撃者がいるかどうか

目撃者がいる場合は、その方の名前と連絡先を確認し、後日改めて交通事故の証言をお願いする場合があることを伝えます。
できればお願いをして警察が来るまで待ってもらえると良いでしょう。

(4)交通事故の記録

できるだけ詳しく記録し、携帯電話やスマートフォンなどで写真を撮っておきます。

【確認項目】
●交通事故発生の日時・状況
●交通事故現場の住所・周辺の状況
●相手の車両ナンバー・自分の車両のキズ・相手の車両のキズ(数枚程度)
賠償交渉の時に、お互いの言い分が食い違ったりすると、解決するまで時間かかってしまう場合があります。
なるべく証拠として使える記録を残します。また、説明が曖昧だと不利な状況になる場合もあります。
後で悩まないように自分で整理しておく事が大切です。

(5)加入している保険会社へ連絡

必ずご加入の保険会社へ、連絡をしてください。
交通事故の場合、保険会社の多くが24時間受付をしています。

(6)医療機関への受診

交通事故の場合、事故直後は交通事故によるショックや緊張の為、自覚症状がなく、後日、気分が落ち着いた頃から体の痛みや、不調を訴えられる方が多くなっています。
通常、交通事故後1~2週間以内に医療機関を受診されれば交通事故に起因する痛みと認定されますが、交通事故後1ヶ月を超えて受診した場合、交通事故との因果関係を証明しにくくなり、慰謝料や治療費等の保証を受けられない可能性もあります。

交通事故後、少しでも痛みや不調を感じられたら、できるだけ早く医療機関を受診することをおすすめ致します。

(7)当院へご連絡

病院(整形外科)との転院(併用)をご希望される方は、お気軽にお電話ください。スタッフが万全の体制で対応します。
交通事故に遭って、人身事故扱いになってから2~3日でご連絡ください。

電話:03-6454-2180

(8)相手の保険会社に久我山みやび鍼灸整骨院で治療を受けることを伝える

相手の保険会社に「京王井の頭線 久我山駅近くの久我山みやび鍼灸整骨院で治療を受けます。」とご連絡ください。
保険担当者によっては、転院を認めたがらない方もいます。しかし、医療機関を選ぶ権限は、患者様にあります。
担当者に断られることがありましたら、当院までご連絡いただければ、こちらで対応いたしますのでご相談下さい。

(9)当院での治療開始

ヒアリング・治療内容の説明~交通事故・むちうちの治療を行います。
お体に無理のないように、マッサージ、ストレッチ体操、筋力回復トレーニングなど、丁寧に施術します。
他院で治らなかった方もご相談ください。
又、後の治療内容や、保険会社さんとのやりとりについてお話します。

(10)お見送り

交通事故の治療費負担はありません。次回の来院をお待ちしております。
完治するまで通院していただいてもまったく問題ございません。

交通事故治療の患者様の声を聞いてみる

■足をつったことはありますか?

新着情報

原因

足がつる原因は主に水分不足、ミネラル不足、疲労、冷えなどがあげられます。しかし、足のつりは人によっておこる場所も時間も様々です。

メカニズム

いわゆる足がつるという現象は医学的には有痛性痙攣(有痛性筋痙攣:クランプ)と言います。
つまり足がつるのは痛みを伴う筋肉の痙攣ということになります。

筋肉の痙攣は筋肉の収縮が無意識に起こることですが、痛みを伴わない痙攣はピクピクと収縮と弛緩を繰り返す場合で、痛みを伴う場合は弛緩する時間がなく、収縮だけが続く場合です。これが足がつっているときの状態です。

脊髄にある運動ニューロンは活動電位(インパルス)という電気刺激で筋肉に収縮するよう命令を出しています。
神経と筋肉の繋がる部分(神経筋接合部)ではアセチルコリンという伝達物質により命令が伝えられます。
命令を受け取った筋肉は細胞内にある筋小包体からカルシウムイオンを放出します。
このカルシウムイオンの働きがあって初めて筋肉が収縮します。
逆に筋肉を弛緩させる場合はカルシウムイオンを回収します。
カルシウムはミネラルの一種ですが、ミネラルのバランスが崩れると筋肉が上手くコントロールできない状態になります。

以上が運動ニューロンにより筋肉が収縮するメカニズムとなります。

 

足がつるシチュエーション

筋肉の収縮と弛緩のメカニズムが分かったところで、足がつるというシチュエーションを考えると、以下のことが挙げられます。

  • 脳の運動ニューロンが機能しない
  • 脊髄の運動ニューロンが過剰に興奮する
  • 血流が滞りミネラルバランスが崩れる
  • 筋細胞が疲労してカルシウムの回収ができない

よくあるシチュエーションとしては冒頭で述べた睡眠時です。
筋肉も脳も疲れていて、寝返りをしない、またはできない状況では、血液の循環も鈍いうえに脊髄の運動ニューロンも興奮してしまいます。

また、慣れない運動や普段あまり使わない筋肉を使った場合などにつることがあります。
よく使う筋肉はしっかり発達していて、運動に必要な負荷に耐えることができますが、使わない部位は負荷に耐えることができず、すぐに疲労してしまう可能性があります。
また、普段よく使う部位には血流が豊富にありますが使わない部位の血流は乏しいことが考えられます。

脱水症状でも足がつる

夏場暑い日に外でゴルフをしたり、長時間の労働をしたりすると足がつることがあります。
体温調節のために汗をかきますが、水分と一緒にミネラルも外に出てしまいます。
血液のミネラルバランスが崩れ、筋肉のコントロールが難しくなります。
筋肉は筋膜に覆われており、特によく使う筋肉は筋膜という容器の中でパンパンに張ってしまいます。
血流が行き届きにくい状態になれば、その筋肉がよりつりやすくなります。

 

夜中に足がつる理由

夜中や朝方に足がつる方は多く、就寝中にこむら返りの激痛で目をさまし寝不足になる方もいるようです。日ごろの食生活(ビタミン・ミネラル不足など)、夜間に気温が低下することや布団による重み、日中の足の疲労などが関係してくるようです。

 

スポーツ・運動中に足がつる

日ごろから運動をしている人が試合の最中に足がつることもあれば、普段運動不足のお父さん方がゴルフの時に足がつったり、日ごろの運動量にかかわらず運動中に足がつることはあります。筋肉疲労をはじめ、汗をかくことにより水分とミネラルが急激に不足することなどがあげられます。

 

 

 

足がつった時の対策

足がつる仕組み、メカニズムがわかったところで、こむら返りがおきた時の対策を考えてみましょう。最も単純な対応策としてストレッチがあります。
脊髄の運動ニューロンは脳により興奮を抑えられていると述べましたが、他にも興奮を抑える方法があります。
それがストレッチ(持続伸長法)です。
筋肉が骨に付着する部分を腱といいますが、そこにはゴルジ腱器官という固有受容器(センサーの役割)があります。
ゴルジ腱器官は伸ばされ続けると反応して脊髄にある介在ニューロンを介して脊髄の運動ニューロンを抑制します。
そのため、この場合はリズミカルに伸ばすのではなく、10秒程度伸ばし続けることを繰り返します。

ストレッチで改善しない場合は脱水症状などにより、ミネラルバランスが崩れている可能性があります。
水分と塩分(少量)の摂取を試みると良いでしょう。

マラソンなどの長時間の連続運動後はすぐに止まらず、負荷を落としてしばらく動き続ける必要があります。
筋肉はそれ自体がポンプの役割をしていますから、すぐに止まってしまうと血流が滞ってしまいます。
どうしても止まる必要がある場合はマッサージなど徒手的にポンプ様に血液を流します。

 

冷えが理由で足がつる

ミネラル不足や筋肉疲労以外にも足がつる原因に冷えも関係しています。体の冷えは血行不良の原因となり、筋肉を収縮させます。さらに血流が悪くなることによりミネラルのバランスも崩れます。そのために足がつりやすくなります。

 

予防

足がつるのを予防するのに大事なのは
ミネラル・水分をしっかり摂る
日頃から適度な運動をする
足腰を冷やさない
などがあげられます。

 

対処法

  • ゆっくりストレッチ(つった場所を伸ばす)
  • 足がつった箇所を温める。

 

 

足がつったらそのままにせずストレッチしたり温めることが大切ですね。

ほっておくと筋肉が硬くなったり、下肢静脈瘤と言って足の静脈にこぶができる病気になってしまいます。そうなる前にしっかり治療や対策を行っていきましょう。

当院でも足がつった時の治療や対策などを指導させていただきます。

気になる方はお気軽にご相談ください。

ホームページ(院や治療法の紹介)

LINE公式アカウント(ラインからもご予約できます)

しんきゅうコンパス(鍼灸治療の情報掲載!)

Instagram(院情報発信中

Googleサイト(当院の口コミも宜しければお願いします❕❕

 

久我山みやび整骨院

03-6454-2180

当院では予約優先でのご案内とさせていただいておりますので、まずはお電話お待ちしております!

 

■膝の痛み骨盤の歪みが原因かも!?

新着情報

こんにちは、久我山みやび整骨院です!

今回は、膝の痛みに関して紹介していきます。

なかなか良くならない膝の痛みに悩んでいる方も多いのではないでしょうか?

上の図は正常な膝を横から見た図なのですが、このどこかが変形したり、靭帯が切れたりすると痛みが出るわけです。

これから、どんな膝の症状があるのか書いていきますね!

 

変形性膝関節症:男女比は1:4で、特に高齢の女性に多いのですが、症状としては動き始めが痛い、水が溜まるなどです。

 

半月板損傷:上の図にもあるように内側と外側に半月板がそれぞれあり、クッションと膝関節の安定化の役割を果たしています。

これが損傷すると膝の曲げ伸ばしのときに痛みや、引っ掛かりを感じたりします。

 

膝の靭帯損傷:ぼくも体験したむちゃくちゃ痛いもので、動かすのもためらうくらいです。

膝が腫れてきたりしますが時間が経つと、痛みが取れてくるかわりに膝の安定感がなくなって、少しうごかしても膝が緩いなーという症状も出てきやすいです。

 

オスグッド病:発育期のスポーツ少年に多い症状になります。

 

膝の痛みには他にもいろいろありますが、ほとんど上記の症状が多いです。

 

〇どんな動作をしたら膝の痛みが出やすいのか?

 

膝の内側が痛いなどの患者さまの場合は、普段からの立ち方に問題があります。

靴の外側が減りやすい方は基本的に外側重心になりやすいのですが、外側重心になるとすねの外側がパンパンに張り、内側の圧力が大きくなりますので、これが膝の内側が痛くなる原因となります。

無意識に足の小指側に体重を掛けている方が多いのではないでしょうか?

必ず足の親指+人差し指がわに体重をかけて立ってください!

外側にかけ続けると、O脚の原因にもなりますので注意が必要ですよ!

〇膝の痛みの原因は膝だけじゃない?

膝とは関係のない筋肉の硬さが出ることによる「関連痛」というものもあります。なので膝だけを治しても一時的には痛みは取れますが、根本的には治っていないのですぐに痛みが再発しやすいです。

 

〇膝が痛くなったらどうしたらいいの?

本的に膝が痛くならないような姿勢や座り方を心がけてください。

(足を組まない・外側重心にならない・お姉さん座りをしないなど)

痛み止めや湿布をしたとしても、一時的な効果しかありません。

特に片方の膝だけが強烈に痛いのなら、重心が偏っている証拠になります。

骨盤のゆがみを治し、お尻の筋肉やお腹側の筋肉を調整するだけで改善するケースもあります。

 

当院では、膝の痛みだけではなく、なかなか良くならない症状に対して、骨盤矯正+EMS治療で根本治療を行っております!

お困りの方は是非、一度お問合せ下さい!

ホームページ(院や治療法の紹介)

LINE公式アカウント(ラインからもご予約できます)

Instagram(院情報発信中)

しんきゅうコンパス(鍼灸治療の情報掲載!)

Googleサイト(当院の口コミも宜しければお願いします❕❕

久我山みやび整骨院

03-6454-2180

当院では予約優先でのご案内とさせていただいておりますので、まずはお電話お待ちしております!

 

お問い合せ

月~土 午前 9:00~13:00 午後 16:00~20:00
日曜休み ※祝日は診療致します。

お問い合せ