交通事故治療

東京都 杉並区近辺でむちうち・腰椎捻挫などの交通事故治療でお困りの方はお気軽にご相談ください。
当治療院は交通事故専門分野を得意としており親身になってご対応させて頂きます。
知識も豊富ですので自賠責保険のご相談もお任せください。

ひとつでも当てはまっていたら当院にご相談ください

  • 首や肩がだるく、いつまでも治らない
  • 手、腕、腰、足などに痺れ(しびれ)がある
  • 頭痛、めまい、吐き気、ふらつきの症状を感じている
  • 視力低下、後頭部の痛み、眼のかすみなど
  • 起きたときに体に痛みを感じる
  • 座っているときに背中や腰が痛い

以下のようなケースにおいて、自賠責保険を活用して無料で治療を受けることが出来ます。

自分から相手に追突してしまった
相手から追突された
知人の運転する車に同乗していて事故にあった
自転車に乗っていて車に追突された
ガードレールにぶつけるなどの物損事故を起してしまった
玉突き事故にまきこまれた
車のドアに指を挟んでしまった

交通事故の後に体の不調を感じる場合、まずは一度お問い合せください。
自賠責保険が適用され、無料で治療を受けれるケースが多々あります。

交通事故・むちうち治療はどこの整骨院も同じではありません。
通院・転院の手続きは、お電話一本と簡単です!
ご自分が希望する整骨院で、治療を受けることが可能です。

当院の交通事故治療

当院は交通事故の治療に関して豊富な経験知識を持っております。
あらゆる交通事故・むちうち治療してきた専門スタッフが、被害に遭われた方のお気持ちになって誠意を持って治療をさせて頂きます。

「むち打ち症」と言う病名はございません。 一般的に交通事故によって起こる頚部の痛みを「むち打ち」や「むち打ち症」と言いますが、”外傷性頚部症候群”を「むち打ち症」と理解されている事が多数です。 小さなものですと、レントゲンには現れませんが、数年後に痛み出すケースもあります。

交通事故治療の自己負担金は0円です。患者様が治療費を負担することは一切ありません。 又、治療期間は特に制限は設けられていませんので完治するまで通院してください。 専門スタッフが在籍していますので、自賠責保険や慰謝料のご相談にも応じます。

●交通事故に遭われた場合、物損扱いするように頼まれてもはっきりと断ることが大切です。人身事故の証明となる(事故証明)を必ずとることをお勧めします。

●交通事故から2週間以上経った後、むち打ちや腰痛など痛みが出てくる場合もありますので、早めにご来院下さい。

●自賠責(交通事故治療)での治療期間には、はっきりした決まりがありません。むち打ちや腰痛などの症状が治癒あるいは症状が固定の時期までしっかり治療を継続し、出来る限り交通事故の後遺症を残さないようにしましょう。

交通事故治療の流れ

(1)警察への通報

事故にあった場合、事故の大きさに限らず必ず、警察に届け出ましょう。
負傷者の有無を確認し、負傷者がいる場合はすぐに救急車を呼んでください。

保険の支払い等に必要な「交通事故証明書」が、通報しなければ発行されませんのでご注意ください。
こちらが被害者で負傷があれば、「人身交通事故扱い」の届け出を、後日電話でも構いませんので行ってください。

(2)相手の確認

警察の到着までの間に相手の車検証・免許証を確認してください。

【確認項目】
●相手の住所・氏名・電話番号・免許証の登録番号
●相手の勤務先と雇い主(業務中の交通事故の場合、原則として雇い主にも賠償責任が発生します)
●こちらが被害者の場合、加害者が加入している自賠責保険・自動車保険(任意保険)の会社名・証明書番号などを確認。
相手が無免許の場合や、自賠責保険や任意保険に加入してない場合もあるため、警察も確認しますが自分でも確認する必要があります。

(3)目撃者がいるかどうか

目撃者がいる場合は、その方の名前と連絡先を確認し、後日改めて交通事故の証言をお願いする場合があることを伝えます。
できればお願いをして警察が来るまで待ってもらえると良いでしょう。

(4)交通事故の記録

できるだけ詳しく記録し、携帯電話やスマートフォンなどで写真を撮っておきます。

【確認項目】
●交通事故発生の日時・状況
●交通事故現場の住所・周辺の状況
●相手の車両ナンバー・自分の車両のキズ・相手の車両のキズ(数枚程度)
賠償交渉の時に、お互いの言い分が食い違ったりすると、解決するまで時間かかってしまう場合があります。
なるべく証拠として使える記録を残します。また、説明が曖昧だと不利な状況になる場合もあります。
後で悩まないように自分で整理しておく事が大切です。

(5)加入している保険会社へ連絡

必ずご加入の保険会社へ、連絡をしてください。
交通事故の場合、保険会社の多くが24時間受付をしています。

(6)医療機関への受診

交通事故の場合、事故直後は交通事故によるショックや緊張の為、自覚症状がなく、後日、気分が落ち着いた頃から体の痛みや、不調を訴えられる方が多くなっています。
通常、交通事故後1~2週間以内に医療機関を受診されれば交通事故に起因する痛みと認定されますが、交通事故後1ヶ月を超えて受診した場合、交通事故との因果関係を証明しにくくなり、慰謝料や治療費等の保証を受けられない可能性もあります。

交通事故後、少しでも痛みや不調を感じられたら、できるだけ早く医療機関を受診することをおすすめ致します。

(7)当院へご連絡

病院(整形外科)との転院(併用)をご希望される方は、お気軽にお電話ください。スタッフが万全の体制で対応します。
交通事故に遭って、人身事故扱いになってから2~3日でご連絡ください。

電話:03-6454-2180

(8)相手の保険会社に久我山みやび鍼灸整骨院で治療を受けることを伝える

相手の保険会社に「京王井の頭線 久我山駅近くの久我山みやび鍼灸整骨院で治療を受けます。」とご連絡ください。
保険担当者によっては、転院を認めたがらない方もいます。しかし、医療機関を選ぶ権限は、患者様にあります。
担当者に断られることがありましたら、当院までご連絡いただければ、こちらで対応いたしますのでご相談下さい。

(9)当院での治療開始

ヒアリング・治療内容の説明~交通事故・むちうちの治療を行います。
お体に無理のないように、マッサージ、ストレッチ体操、筋力回復トレーニングなど、丁寧に施術します。
他院で治らなかった方もご相談ください。
又、後の治療内容や、保険会社さんとのやりとりについてお話します。

(10)お見送り

交通事故の治療費負担はありません。次回の来院をお待ちしております。
完治するまで通院していただいてもまったく問題ございません。

交通事故治療の患者様の声を聞いてみる

■骨盤の歪みについて

新着情報

こんにちは、久我山みやび整骨院です。
本日から毎月ブログで身体などに関する色々なお話をさせて頂き、皆様の毎日の健康のお手伝いをさせて頂きたいと思います。

さて今回は「骨盤のゆがみ」についてお話させていただきます。近頃メディアや様々なところで聞かれる「骨盤のゆがみ」ですが、そもそもどういったものか知っていますか?
一般的に良くイメージされるのは 
・骨がずれる
・骨自体が曲がる、変形する 
といったものが多いですが、実際はそうではありません。骨盤のゆがみとは日常生活の習慣や癖などによって筋肉や関節に左右非対称の負荷がかかることでおこる、「骨盤の正常ではない傾きや開きの事」を指します。ゆがみのタイプは5パターンあり、複数が同時に起こることが多いです。

1.前傾タイプ(図1)
前傾タイプ、すなわち反り腰を指します。原因としては筋肉のバランスの崩れや体重の増加、ヒールの高い靴の使用などが挙げられます。
特徴としては下っ腹が出る、胸とお尻が突き出る、仰向けで寝た時にベッドと腰の隙間に「手のひら一枚以上の隙間がある」などが挙げられます。
反り腰により起こる症状としては、腰の反りがきつくなるにつれ神経など圧迫しやすくなり、慢性的な腰痛、足のシビレ、などが出る場合があります。またこの状態が続くとお腹が出る、下半身が太くなるなどの見た目上の変化も出やすくなります。

2. 後傾タイプ(図2)
前傾とは逆に骨盤が後ろへ傾いてしまっている状態です。後傾タイプの主な原因は筋力の低下、不足などがあります。特徴としては、重心が後ろに傾きやすいくなり猫背、腰、膝が曲がる、ガニ股などが挙げられます。
骨盤後傾により起こる症状としては、慢性的な首肩のこり、頭痛、慢性的な腰痛、膝の痛み、О脚などが出る場合があります。またお尻やバストが下がる、下腹が出るなどの見た目の変化も起こりやすくなります。

3.開きタイプ
骨盤が開く原因にはいくつかありますが、主に加齢と出産が関係しています。
「加齢による場合」骨盤の周りにはいくつかの筋肉があります。これらは骨盤を安定させることによって骨盤腔内の臓器を支える役割を持っています。ですが加齢による筋力低下によって骨盤を支えることができ無くなってしまうと、徐々に骨盤が開いてしまい内臓下垂などが起こりやすくなってしまいます。

「出産による場合」妊娠中赤ちゃんが通る道「産道」を作るために、ホルモンの作用によって徐々に骨盤が開いていきます。その作用は出産後8カ月まで続きやがて効果が収まると徐々にしまっていきます。ですがホルモンバランスの影響で元の状態に戻りにくくなってしまい、産前よりも開いてしまうことがあります。

骨盤が開いたままになってしまうと、症状としては慢性腰痛、膝の痛み、股関節の痛みなどが主にあります。また、お尻が大きくなる、下半身が太る、О脚、腰回りに脂肪がつきやすくなるなどの見た目の変化も出やすくなります。

4.傾きタイプ(図3)
骨盤を正面から見た時に左右の骨盤の高さが違う状態を指します。傾きタイプの主な原因としては、足を組む、あぐらをかく、カバンやバックなどの重たいものを片方だけで持つ、重心を片足にかけるなどが挙げられます。特徴としては歩くときに左右に身体がぶれやすい、肩の高さが違う、足の長さが左右で違う、くびれのラインが左右で違うなどが挙げられます。左右の傾きにより起こる症状としては、片方に偏った腰痛や首肩、背中の痛み、膝の痛みが主に挙げられます。また片方のお尻だけ出っ張る、片足だけ少し太いなどの変化が起こりやすいです。

5.ねじれタイプ(図5)
左右の骨盤が互い違いに食い違ってしまっている状態を指します。ねじれタイプは単体よりも他のタイプに付随して起こることが多いです。主な原因としては左右の筋力差がある、片側に重心をかける、片側で荷物を持つ、同じ方向に足を組む、同じ動作を反復するスポーツ(例/ゴルフ、野球)などが多いです。
症状としては場所が交差しやすい(例/右腰と左肩など)、首肩のこり、腰痛、膝痛があります。またまっすぐ立てない、背中の高さが違うなどの症状も起こりやすいです。

以上のことを大まかにまとめますと

<ゆがみ原因>

□加齢や産後で筋肉が弱っている
□運動習慣(ストレッチ含む)が全くない
□体重が増えてきた
□足を組んだりあぐらをかいてしまう
□ハイヒールなど安定しない靴を履くことが多い
□かばんや荷物など、重いものを片側だけで持つことが多い
□うつ伏せで寝てしまう事が多い
□スマホやパソコンなどを見ることが多い
□立っているときにまっすぐ立てない
□必ず片足に重心をかけてしまう
□歩いてると小さい段差に躓きやすい

<ゆがみの症状>

□改善しない肩こり
□慢性的な腰痛
□頻発する頭痛
□冷え性、むくみ
□下半身が太りやすい
□下腹がでている
□関節の痛み
□О脚、X脚
□猫背
□巻き肩
□反り腰
□足の長さ、肩の高さが違う

<自宅でのチェック方法>
1.つま先の開く角度
仰向けになり、足を伸ばし肩幅に開く。腰から下を左右に揺らします。動きを止めてつま先の角度をチェック。
正常範囲であればかかとからつま先が80-90度のv字になります。
□つま先の開きが左右非対称になっていないか
□角度が開きすぎていないか

2.膝を左右に倒した時の動き方
膝を立てた状態で仰向けになり、左右の膝をくっつけます。そのまま左右に傾けます。
□傾けにくくないか
□傾けた際に痛みはないか

3.片足立ちチェック
左右の足でそれぞれ片足立ちを目を閉じた状態で10秒行う。
どちらかうまく行えない場合歪んでいることが多いです。
また、10秒立てない場合筋力にも大きな問題があります。
□左右差があるかどうか
□何秒立っていられるか

4.足踏みチェック
直立状態で目を閉じてその場で足踏みをします。足踏みをやめた時点で最初に立っていた位置から移動した位置をチェックします。足踏みの目安は30回ほど。
前後に移動した場合、重心の位置が問題。左右に移動した場合移動側の骨盤が下がっていることが多いです。
□前後左右どちらに移動してしまっているか

5.左右の方の高さチェック
鏡の前で左右の方の高さがずれていないか見てみましょう。どちらかが上がって見える場合、合わせて骨盤もずれていることがほとんどです。
□左右の高さはどのくらいずれているか

ここまで骨盤のゆがみのタイプをお話してきましたが、当てはまるものもあったのではないでしょうか?
一つ一つは大したことではなくても、積み重ねることで骨盤への負担が大きくなり歪んでしまう原因となりえます。
そして最初は単なる腰の痛み、肩のコリで済んでいたとしても負担が増えていけば神経症状、変形性関節症やヘルニア、脊柱管狭窄症などのリスクへとつながってしまうことも起こりえます。
少しでも当てはまるものがあるのであれば、症状が大きくなってしまわない内に改善させていくことをお勧めします。

当院では姿勢改善・骨盤矯正に特に力を入れており、当グループのオリジナルの矯正方法を行っております。
「なるべく身体に負担の少ない方法で、症状が出づらい身体を作っていくこと」を目的として、症状の原因をさぐり根本的に改善するためのお手伝いをさせて頂きます。

また施術だけでなく、日常の生活指導なども行っておりますので、改善に向けて一緒に取り組んでいけたらと思います。

もし少しでも気になる事があれば、メールやお電話にていつでもご相談お待ちしております。

■当院のコロナウイルス対策について

新着情報

〜当院でのコロナウイルス対策〜
◯スタッフの1日2回(朝と昼)の検温を実施しています。
◯スタッフはもちろん皆様への手指の消毒をお願いしております。
◯ベッド・マクラ・物療等の消毒、使い捨てフェイスペーパーの使用を実施しています。


◯出入口のドアを常に開放し、院内の換気に努めております。
◯予防対策としてスタッフのマスクを着用させて頂きます

〜患者様へのお願い〜
1、手指の消毒
待合にアルコールを置いてありますので、来院時にお願い致します
2、発熱のある患者様、風邪症状のある患者様のご来院は控えていただきますようお願いしております
3、院内での滞在中もマスクの着用を出来る限りお願い致します
大変申し訳ありませんがご協力のほどよろしくお願い申し上げますm(_ _)m

ストレスや緊張により筋肉の硬結、体の歪み、自律神経の乱れにより免疫力が落ちたりもします😭
こんな時だからこそ当院は地域医療‼️地域の健康美容‼️を全力で支えていけるよう継続して診療致しております。
ご予約、ご不明点、ご質問等ありましたらいつでもお問い合わせ下さいね😊
久我山みやび整骨院
院長 宮澤渓

お問い合せ

月~土 午前 9:00~12:30 午後 15:00~19:30
日曜休み ※祝日は診療致します。

お問い合せ