交通事故治療

東京都 杉並区近辺でむちうち・腰椎捻挫などの交通事故治療でお困りの方はお気軽にご相談ください。
当治療院は交通事故専門分野を得意としており親身になってご対応させて頂きます。
知識も豊富ですので自賠責保険のご相談もお任せください。

ひとつでも当てはまっていたら当院にご相談ください

  • 首や肩がだるく、いつまでも治らない
  • 手、腕、腰、足などに痺れ(しびれ)がある
  • 頭痛、めまい、吐き気、ふらつきの症状を感じている
  • 視力低下、後頭部の痛み、眼のかすみなど
  • 起きたときに体に痛みを感じる
  • 座っているときに背中や腰が痛い

以下のようなケースにおいて、自賠責保険を活用して無料で治療を受けることが出来ます。

自分から相手に追突してしまった
相手から追突された
知人の運転する車に同乗していて事故にあった
自転車に乗っていて車に追突された
ガードレールにぶつけるなどの物損事故を起してしまった
玉突き事故にまきこまれた
車のドアに指を挟んでしまった

交通事故の後に体の不調を感じる場合、まずは一度お問い合せください。
自賠責保険が適用され、無料で治療を受けれるケースが多々あります。

交通事故・むちうち治療はどこの整骨院も同じではありません。
通院・転院の手続きは、お電話一本と簡単です!
ご自分が希望する整骨院で、治療を受けることが可能です。

当院の交通事故治療

当院は交通事故の治療に関して豊富な経験知識を持っております。
あらゆる交通事故・むちうち治療してきた専門スタッフが、被害に遭われた方のお気持ちになって誠意を持って治療をさせて頂きます。

「むち打ち症」と言う病名はございません。 一般的に交通事故によって起こる頚部の痛みを「むち打ち」や「むち打ち症」と言いますが、”外傷性頚部症候群”を「むち打ち症」と理解されている事が多数です。 小さなものですと、レントゲンには現れませんが、数年後に痛み出すケースもあります。

交通事故治療の自己負担金は0円です。患者様が治療費を負担することは一切ありません。 又、治療期間は特に制限は設けられていませんので完治するまで通院してください。 専門スタッフが在籍していますので、自賠責保険や慰謝料のご相談にも応じます。

●交通事故に遭われた場合、物損扱いするように頼まれてもはっきりと断ることが大切です。人身事故の証明となる(事故証明)を必ずとることをお勧めします。

●交通事故から2週間以上経った後、むち打ちや腰痛など痛みが出てくる場合もありますので、早めにご来院下さい。

●自賠責(交通事故治療)での治療期間には、はっきりした決まりがありません。むち打ちや腰痛などの症状が治癒あるいは症状が固定の時期までしっかり治療を継続し、出来る限り交通事故の後遺症を残さないようにしましょう。

交通事故治療の流れ

(1)警察への通報

事故にあった場合、事故の大きさに限らず必ず、警察に届け出ましょう。
負傷者の有無を確認し、負傷者がいる場合はすぐに救急車を呼んでください。

保険の支払い等に必要な「交通事故証明書」が、通報しなければ発行されませんのでご注意ください。
こちらが被害者で負傷があれば、「人身交通事故扱い」の届け出を、後日電話でも構いませんので行ってください。

(2)相手の確認

警察の到着までの間に相手の車検証・免許証を確認してください。

【確認項目】
●相手の住所・氏名・電話番号・免許証の登録番号
●相手の勤務先と雇い主(業務中の交通事故の場合、原則として雇い主にも賠償責任が発生します)
●こちらが被害者の場合、加害者が加入している自賠責保険・自動車保険(任意保険)の会社名・証明書番号などを確認。
相手が無免許の場合や、自賠責保険や任意保険に加入してない場合もあるため、警察も確認しますが自分でも確認する必要があります。

(3)目撃者がいるかどうか

目撃者がいる場合は、その方の名前と連絡先を確認し、後日改めて交通事故の証言をお願いする場合があることを伝えます。
できればお願いをして警察が来るまで待ってもらえると良いでしょう。

(4)交通事故の記録

できるだけ詳しく記録し、携帯電話やスマートフォンなどで写真を撮っておきます。

【確認項目】
●交通事故発生の日時・状況
●交通事故現場の住所・周辺の状況
●相手の車両ナンバー・自分の車両のキズ・相手の車両のキズ(数枚程度)
賠償交渉の時に、お互いの言い分が食い違ったりすると、解決するまで時間かかってしまう場合があります。
なるべく証拠として使える記録を残します。また、説明が曖昧だと不利な状況になる場合もあります。
後で悩まないように自分で整理しておく事が大切です。

(5)加入している保険会社へ連絡

必ずご加入の保険会社へ、連絡をしてください。
交通事故の場合、保険会社の多くが24時間受付をしています。

(6)医療機関への受診

交通事故の場合、事故直後は交通事故によるショックや緊張の為、自覚症状がなく、後日、気分が落ち着いた頃から体の痛みや、不調を訴えられる方が多くなっています。
通常、交通事故後1~2週間以内に医療機関を受診されれば交通事故に起因する痛みと認定されますが、交通事故後1ヶ月を超えて受診した場合、交通事故との因果関係を証明しにくくなり、慰謝料や治療費等の保証を受けられない可能性もあります。

交通事故後、少しでも痛みや不調を感じられたら、できるだけ早く医療機関を受診することをおすすめ致します。

(7)当院へご連絡

病院(整形外科)との転院(併用)をご希望される方は、お気軽にお電話ください。スタッフが万全の体制で対応します。
交通事故に遭って、人身事故扱いになってから2~3日でご連絡ください。

電話:03-6454-2180

(8)相手の保険会社に久我山みやび鍼灸整骨院で治療を受けることを伝える

相手の保険会社に「京王井の頭線 久我山駅近くの久我山みやび鍼灸整骨院で治療を受けます。」とご連絡ください。
保険担当者によっては、転院を認めたがらない方もいます。しかし、医療機関を選ぶ権限は、患者様にあります。
担当者に断られることがありましたら、当院までご連絡いただければ、こちらで対応いたしますのでご相談下さい。

(9)当院での治療開始

ヒアリング・治療内容の説明~交通事故・むちうちの治療を行います。
お体に無理のないように、マッサージ、ストレッチ体操、筋力回復トレーニングなど、丁寧に施術します。
他院で治らなかった方もご相談ください。
又、後の治療内容や、保険会社さんとのやりとりについてお話します。

(10)お見送り

交通事故の治療費負担はありません。次回の来院をお待ちしております。
完治するまで通院していただいてもまったく問題ございません。

交通事故治療の患者様の声を聞いてみる

■身体の不調は姿勢から!

新着情報

姿勢にもいくつかの種類があるのをご存知でしょうか?

今回はこのブログを読んでいる方に自分の姿勢は一体どんなものなのかを知っていただき、その姿勢からどのようなリスクがあるのかなどを書いていこうと思います!

 

①反り腰

反り腰とは言葉の通り、腰が反った状態のことです。

人間の正しい姿勢は、骨盤がまっすぐ立ち、背骨がゆるやかなS字カーブを描いている状態です。

これに対し反り腰は骨盤が前に傾き、背骨が腰の辺りから反り返ってしまいます。

お尻が突き出てしまったり、ぽっこりお腹になってしまうのも特徴の一つですね!

原因として一番多いのは正しい姿勢を保つための筋力の低下です。

姿勢を保つために使われる筋肉は首、背中、お腹、太ももなどに存在します。

運動不足や加齢により、筋力の低下を引き起こし、姿勢が悪くなると骨盤が前傾になってしまいます。そうなると身体はバランスを取ろうとして腰が後ろに反るため反り腰になってしまうのです。

男性よりも女性、その中でも産後の方などはとくに多いです🤔

 

-リスク-

腰椎分離症、腰椎すべり症、脊柱管狭窄症、ぎっくり腰

②スウェイバック

次にスウェイバック姿勢です。

これは上半身が下半身より後ろに位置(スウェイ)した状態であり、反り腰に猫背を合わせたように見える姿勢です!

原因は様々ですが、上下の腹筋のバランスが崩れていることが1つの原因としてあります。

せっかく上の腹筋は頑張ってくれているのに骨盤が前方へ移動するのを防ぐ下部の腹筋がサボってしまっていることのです。

 

③フラットバック(平背)

身体を真横から見たときに背中きら腰にかけて真っ直ぐに見えることからフラットバックと呼ばれています。

真っ直ぐならいいんじゃない?とも思われがちですが、前述したように緩やかなS字状の湾曲を描いているのが正常です!

これは生理的湾曲と呼ばれ、人間が直立を保つためには無ければならない彎曲で強過ぎても弱過ぎても腰痛などの症状を発症するようになってしまいます。

フラットバックになってしまうと衝撃や体重を逃すことができなくなってしまうのでヘルニアのリスクが高まってしまいます😭

この姿勢の原因としてはお尻の筋肉と太ももの後ろの筋肉が過剰に硬くなってしまうとこで骨盤が後傾し、彎曲が減少してしまうことが要因であると言われています。つまりその部分の筋肉をしっかりと質の良い状態しておく必要があるのです!

 

-リスク-

腰椎椎間板ヘルニア

④円背(猫背)

最後に皆さんご存知、猫背です!

これは背中が後弯、つまり背中の丸まりが増加した状態です。

反り腰とは反対に骨盤は後傾し、高齢の方に多いイメージもありますが、前述した反り腰と併せて猫背になるケースも多いので若い年代にも多く見られます。

原因としては高齢の場合は骨粗鬆症による脊椎の変形や骨折による変形。

年齢関係なく体幹周囲の筋力低下や姿勢への意識低下などが考えられます。

体に与える影響も多く、内臓が常に圧迫されるため食欲減退や便秘、背中が伸びづらいことによる呼吸機能低下などが出る方もいるほどです。

あるいは背中が伸びづらくなることにより前を向くときに首の関節にストレスがかかってしまい、首の痛みや肩こり、腰痛を引き起こしてしまうこともあります。

 

-リスク-

首肩凝り、頭痛

呼吸が浅くなる→浮腫みに繋がる

 

さて、今回は4つのタイプについて紹介しましたが皆さんはどのタイプに当てはまったでしょうか?

姿勢によって今後考えられるリスク、対処法、治療なども変わってくるので自分がどんな姿勢でそれはどんな私生活から生まれてしまっているのかを知ることが重要です!

始まったばかりの2022年。自分の身体を知り理想的な姿勢でしっかり1年間を過ごしていきましょう!

どんな些細なことでも丁寧に対応させていただきますので気になることがある方はぜひお問い合わせお待ちしております!

 

ホームページ(院や治療法の紹介)

公式LINEアカウント(LINEからもご予約できます)

Instagram(院情報発信中)

しんきゅうコンパス(鍼灸治療の情報掲載!)

Googleサイト(当院の口コミも宜しければお願いします❕❕

久我山みやび整骨院

03-6454-2180

当院では予約優先でのご案内とさせていただいておりますので、まずはお電話お待ちしております!

 

 

 

■急性腰痛(ギックリ腰)について

新着情報

こんにちは!久我山みやび整骨院です。

冬の時期は気温の低下が原因でギックリ腰の患者様が増えやすい時期です。

今回はは急性腰痛(ギックリ腰)についてご紹介していきます!

 

◯急性腰痛とは?

急性腰痛症(ぎっくり腰)とは重いものを持ったり、急な動作によって突然腰に痛みが走り、場合によっては動けなくなってしまう病気です。
腰の関節や椎間板に大きな力がかかることで、腰を支える靱帯などに部分的な損傷が起こることが多く、痛みの原因はさまざまです。
老若男女問わず、若い人でも多いことが特徴で、下肢に痛みやしびれがある場合は椎間板ヘルニアへ移行することもあります。

初期は痛みの原因となった動作を行うと激しい痛みが伴い、歩く事や姿勢を変える事も難しくなります。

その後は1〜2週間で痛みが落ち着いていき、徐々に回復していくのが一般的です。

 

◯ぎっくり腰の原因は?

筋肉疲労

まず挙げられるのが、筋肉の慢性疲労です。ぎっくり腰は突然起りますが、症状としていきなり現われるだけで、ゆっくりとその原因となるもの は進行しているのです。中腰で荷物を持ち上げようとした瞬間に激痛が走ったり、よろめいてちょっと片足を勢いよくついてしまった瞬間芯とにぎっくり腰になりやすいですが、日常の中 で同じ動作をしても平気だったのに、ある瞬間にぎっくり腰に芯ってしまうのです。これは、少しずつ溜め込んだ筋肉疲労があるとき負担の許容量を超えてしまい、 腰痛として発症したしまったといえるでしょう。
日常生活を送る中で、筋肉疲労は必ず起こります。それを回復するメカニズムを持ち合わせていますが、 睡眠不足や栄養のバランスが取れていないかったり、 運動不足や座りっぱなしの仕事を続けるなどしている と、筋肉疲労が回復することなく徐々に蓄積されていき、やがて腰痛を招いてしまうことになります。

 

 

骨格の歪み

ぎっくり腰になる原因の一つに骨格の歪みもあげるととができます。私たちの日常生活を振り返ってみると、立ちっぱなしの仕事や座りっぱ芯しの仕事に就いていると、長時間、限られた姿勢でいることが多いでしょう。
こうすることで、身体の柔軟性が失われていき、同じ骨格や筋肉だけを使うことになってしまいます。こうしたことが筋肉のアンバランスを生み出し、骨格の歪みを招いてしまいます。
歪んだ骨格は左右のアンバランスを生み出し、その周辺の筋肉への負担が変わります。身体のバランスをとろうとする代わりの筋肉にも徐々に筋肉疲労が蓄積され、やがて腰痛につながたってしまいます。

 

 

いきなりの過負荷

若い人やスポーツ選手に多いぎっくり腰の原因一つで、高いところから飛び降りた着地の瞬間や勢いよく振り返った瞬間、横になっていて勢いよく起き上がったときなど、止まっている状態からいきなり動いたときや動きの急激な切り替えのときに、腰にいきなりの過負荷がかかり、ぎっくり腰を起こしてしまいます。これら以外に、体重や筋肉のバランスや生活習慣、体質なども考えられます。

 

 

◯ギックリ腰にならない為には

ぎっくり腰を経験すると、その後の1年間で約1/4の患者さんが再発するといわれています。再び苦しまないためにも、しっかりと再発防止に取り組むことが大切です。再発を予防するためにすべきことは、主に4つ。

無理な姿勢をとらない

腰に負担がかかるような姿勢を避けましょう。代表的には前かがみの姿勢です。

 

ストレスを軽減する

ストレスが続くと痛みに敏感になります。音楽や食べ物など、自分の好きなものを生活に取り入れ、 ストレスを軽減しましょう。

 

肥満を防ぐ

肥満があると体重が重い分、腰に負担がかかって腰痛が起こりやすくなります。

 

適度な運動を行う

痛みがなくなって完治した後に、体を動かすことは、腰をいたわるという意味で効果が期待されます。

 

 

◯ギックリ腰になってしまったら

まず応急処置としてぎっくり腰になった直後は炎症期なので、マッサージやお風呂に入り温めるといった行為は行わず、安静にし、患部を十分に冷やしてください。その後、なるべく早めに治療にいらしてください!

そのままにしておくと、慢性化し治りづらくなってしまったり、きちんと治しておかないと再発する確率が非常に高くなります。

 

◯治療の内容

ギックリ腰の場合では鍼治療がおすすめです。

損傷した箇所に直接アプローチができるほか、負担をかけている筋肉の張りなどを緩める効果があるので、より早期回復が見込めます。

辛いギックリ腰でお悩みの方是非1度お問い合わせ、ご来院お待ちしております❗️

 

ホームページ(院や治療法の紹介)

公式LINEアカウント(LINEからもご予約できます)

Instagram(院情報発信中)

しんきゅうコンパス(鍼灸治療の情報掲載!)

Googleサイト(当院の口コミも宜しければお願いします❕❕

久我山みやび整骨院

03-6454-2180

当院では予約優先でのご案内とさせていただいておりますので、まずはお電話お待ちしております!

 

 

 

 

 

 

お問い合せ

月~土 午前 9:00~13:00 午後 16:00~20:00
日曜休み ※祝日は診療致します。

お問い合せ