交通事故治療

東京都 杉並区近辺でむちうち・腰椎捻挫などの交通事故治療でお困りの方はお気軽にご相談ください。
当治療院は交通事故専門分野を得意としており親身になってご対応させて頂きます。
知識も豊富ですので自賠責保険のご相談もお任せください。

ひとつでも当てはまっていたら当院にご相談ください

  • 首や肩がだるく、いつまでも治らない
  • 手、腕、腰、足などに痺れ(しびれ)がある
  • 頭痛、めまい、吐き気、ふらつきの症状を感じている
  • 視力低下、後頭部の痛み、眼のかすみなど
  • 起きたときに体に痛みを感じる
  • 座っているときに背中や腰が痛い

以下のようなケースにおいて、自賠責保険を活用して無料で治療を受けることが出来ます。

自分から相手に追突してしまった
相手から追突された
知人の運転する車に同乗していて事故にあった
自転車に乗っていて車に追突された
ガードレールにぶつけるなどの物損事故を起してしまった
玉突き事故にまきこまれた
車のドアに指を挟んでしまった

交通事故の後に体の不調を感じる場合、まずは一度お問い合せください。
自賠責保険が適用され、無料で治療を受けれるケースが多々あります。

交通事故・むちうち治療はどこの整骨院も同じではありません。
通院・転院の手続きは、お電話一本と簡単です!
ご自分が希望する整骨院で、治療を受けることが可能です。

当院の交通事故治療

当院は交通事故の治療に関して豊富な経験知識を持っております。
あらゆる交通事故・むちうち治療してきた専門スタッフが、被害に遭われた方のお気持ちになって誠意を持って治療をさせて頂きます。

「むち打ち症」と言う病名はございません。 一般的に交通事故によって起こる頚部の痛みを「むち打ち」や「むち打ち症」と言いますが、”外傷性頚部症候群”を「むち打ち症」と理解されている事が多数です。 小さなものですと、レントゲンには現れませんが、数年後に痛み出すケースもあります。

交通事故治療の自己負担金は0円です。患者様が治療費を負担することは一切ありません。 又、治療期間は特に制限は設けられていませんので完治するまで通院してください。 専門スタッフが在籍していますので、自賠責保険や慰謝料のご相談にも応じます。

●交通事故に遭われた場合、物損扱いするように頼まれてもはっきりと断ることが大切です。人身事故の証明となる(事故証明)を必ずとることをお勧めします。

●交通事故から2週間以上経った後、むち打ちや腰痛など痛みが出てくる場合もありますので、早めにご来院下さい。

●自賠責(交通事故治療)での治療期間には、はっきりした決まりがありません。むち打ちや腰痛などの症状が治癒あるいは症状が固定の時期までしっかり治療を継続し、出来る限り交通事故の後遺症を残さないようにしましょう。

交通事故治療の流れ

(1)警察への通報

事故にあった場合、事故の大きさに限らず必ず、警察に届け出ましょう。
負傷者の有無を確認し、負傷者がいる場合はすぐに救急車を呼んでください。

保険の支払い等に必要な「交通事故証明書」が、通報しなければ発行されませんのでご注意ください。
こちらが被害者で負傷があれば、「人身交通事故扱い」の届け出を、後日電話でも構いませんので行ってください。

(2)相手の確認

警察の到着までの間に相手の車検証・免許証を確認してください。

【確認項目】
●相手の住所・氏名・電話番号・免許証の登録番号
●相手の勤務先と雇い主(業務中の交通事故の場合、原則として雇い主にも賠償責任が発生します)
●こちらが被害者の場合、加害者が加入している自賠責保険・自動車保険(任意保険)の会社名・証明書番号などを確認。
相手が無免許の場合や、自賠責保険や任意保険に加入してない場合もあるため、警察も確認しますが自分でも確認する必要があります。

(3)目撃者がいるかどうか

目撃者がいる場合は、その方の名前と連絡先を確認し、後日改めて交通事故の証言をお願いする場合があることを伝えます。
できればお願いをして警察が来るまで待ってもらえると良いでしょう。

(4)交通事故の記録

できるだけ詳しく記録し、携帯電話やスマートフォンなどで写真を撮っておきます。

【確認項目】
●交通事故発生の日時・状況
●交通事故現場の住所・周辺の状況
●相手の車両ナンバー・自分の車両のキズ・相手の車両のキズ(数枚程度)
賠償交渉の時に、お互いの言い分が食い違ったりすると、解決するまで時間かかってしまう場合があります。
なるべく証拠として使える記録を残します。また、説明が曖昧だと不利な状況になる場合もあります。
後で悩まないように自分で整理しておく事が大切です。

(5)加入している保険会社へ連絡

必ずご加入の保険会社へ、連絡をしてください。
交通事故の場合、保険会社の多くが24時間受付をしています。

(6)医療機関への受診

交通事故の場合、事故直後は交通事故によるショックや緊張の為、自覚症状がなく、後日、気分が落ち着いた頃から体の痛みや、不調を訴えられる方が多くなっています。
通常、交通事故後1~2週間以内に医療機関を受診されれば交通事故に起因する痛みと認定されますが、交通事故後1ヶ月を超えて受診した場合、交通事故との因果関係を証明しにくくなり、慰謝料や治療費等の保証を受けられない可能性もあります。

交通事故後、少しでも痛みや不調を感じられたら、できるだけ早く医療機関を受診することをおすすめ致します。

(7)当院へご連絡

病院(整形外科)との転院(併用)をご希望される方は、お気軽にお電話ください。スタッフが万全の体制で対応します。
交通事故に遭って、人身事故扱いになってから2~3日でご連絡ください。

電話:03-6454-2180

(8)相手の保険会社に久我山みやび鍼灸整骨院で治療を受けることを伝える

相手の保険会社に「京王井の頭線 久我山駅近くの久我山みやび鍼灸整骨院で治療を受けます。」とご連絡ください。
保険担当者によっては、転院を認めたがらない方もいます。しかし、医療機関を選ぶ権限は、患者様にあります。
担当者に断られることがありましたら、当院までご連絡いただければ、こちらで対応いたしますのでご相談下さい。

(9)当院での治療開始

ヒアリング・治療内容の説明~交通事故・むちうちの治療を行います。
お体に無理のないように、マッサージ、ストレッチ体操、筋力回復トレーニングなど、丁寧に施術します。
他院で治らなかった方もご相談ください。
又、後の治療内容や、保険会社さんとのやりとりについてお話します。

(10)お見送り

交通事故の治療費負担はありません。次回の来院をお待ちしております。
完治するまで通院していただいてもまったく問題ございません。

交通事故治療の患者様の声を聞いてみる

■インナーマッスルについて

新着情報

こんにちは!久我山みやび整骨院です!

最近は気温差もあり、なかなか体調管理が難しいですね。

しっかりと引き続き手洗いうがいを行い

体調管理、コロナ対策に努めましょう!

今回はインナーマッスルについて書かせていただきます!

 

そもそもインナーマッスルとはどうゆうものかご存じですか?

 

インナーマッスルやアウターマッスルという呼び方はトレーニングやエクササイズの用語として使われることが多いです。インナーマッスルとは身体の深いところに位置する筋肉で深層筋のことを指します。インナーマッスルに対してアウターマッスルは、身体の表面に位置する筋肉のことを指し、表層筋のことを指します。

 

テレビや雑誌などでもインナーマッスルという言葉を目や耳にする機会は多いと思います。インナーマッスルとして取り上げられているのは体幹の深層筋の場合が多く、インナーマッスルは体幹筋のことを指していると思われがちですが、身体の奥に位置している筋肉の総称がインナーマッスルであり、体幹筋のことだけを指しているわけではありません。体幹だけでなく、上肢・下肢の筋肉の深層筋もインナーマッスルと呼ばれます。

 

基本的にインナーマッスルとは身体を支えるために重要な筋肉になっており

インナーマッスルがうまく機能していないと、

骨盤のゆがみや内臓の下垂など様々な悪影響を身体に及ぼします。

 

今回はインナーマッスルの中の腸腰筋という筋肉について話していきます。

腸腰筋は三つの筋肉の総称になります。

(小腰筋、大腰筋、腸骨筋)になります。

三つの筋肉はそれぞれ様々な役割があります、その中でも当院でも

鍛えるのを推奨している、大腰筋についてより細かく説明していきますね。

 

まず、大腰筋は背骨から骨盤を通って股関節の内側に付く筋肉になります。

この筋肉は骨盤を支える為の唯一の筋肉と言われており。

この筋肉がうまく使えなかったり、筋肉が衰えると、骨盤を支えることができず

骨盤は身体全体の土台でもあるので身体全体が歪んでしまいます。

 

また、高齢者の方や産後の方というのは、加齢や出産の過程で

どうしてもこの筋肉が劣ってしまいます。特に注意が必要です。

 

腸腰筋がうまく使えると、以下のようなメリットがあります。

 

・体のバランスを保つ

・よい姿勢をキープする

・ヒップアップ、下っ腹が出るのを防ぐ

・腰痛予防

・腿を引き上げる力を強化し、速く走ることができる

 

腸腰筋は、硬くなってくると以下のような状態を引き起こす可能性があります。

 

・バランスが悪くなる

・姿勢が悪くなる

・お尻が垂れる

・下腹がポッコリ出る

・腰痛になりやすい

・つまずきやすくなる

 

とはいえ、こうした状態は腸腰筋だけが原因で起きるものでもありません。

まずは、腸腰筋が硬くなっているかチェックしてみるとよいでしょう。

 

1.仰向けに寝ます。

2.片足の膝を胸につくように抱えます。もう片方の足は膝を伸ばしてください。

※もし膝が胸につかない場合、誰かに押してもらいましょう。

 

抱えている膝を胸につけているとき、もう片足の膝裏が床から離れてしまうようであれば、腸腰筋がうまく使えていない、または硬い証拠です。

 

なかなか鍛える事は難しい筋肉にはなりますが、筋肉が衰えないように

トレーニングをして予防しましょう。

 

①レッグレイズ

 

1.仰向けに寝ます。

2.膝を伸ばしたまま両足を上下させます。

3.10~20回×3セットを目安に行いましょう。

足を下ろした際、床につけないで続けると効果が上がります。また、足を下ろすときはゆっくり行うとさらに効果的です。

 

◆バイシクル

1.仰向けに寝ます。

2.足を浮かしたまま、自転車を漕ぐように両足を交互に胸に引き寄せます。

3.10~20回×3セットを目安に行いましょう。

手を頭にしておくとさらに効果が上がります。ゆっくり行うとさらに効果的です。

◆階段を使う

一段飛ばしで少し前傾しながら行うと、さらに効果が上がります。

◆少し大股で歩く

足の裏ひとつ分ほど大股で歩くと、より効果が高まります。

 

トレーニング後はストレッチも行いましょう。なかなかトレーニングできない人は、まずストレッチから入るのもよいでしょう。

 

◆ランジ

 

1.しゃがんだ状態から、膝は曲げたまま、足を前後に開きます。

2.後足の膝は床につけます。

3.前足に体重を乗せ、後足の股関節を伸ばします。

体がぐらつく場合は、腹筋に力を入れ、体の軸をブラさないようにすると効果的です。

 

今回はインナーマッスル、中でも腸腰筋について書かせていただきました。

この筋肉はなかなか意識されにくい筋肉にはなりますが。

身体を支えるために非常に重要な役割を担っています。

身体のバランスが最近悪くなってきている方も、そうでない方も

予防としてもこのような筋肉を鍛えていくのはものすごく重要です。

是非、筋肉トレーニングやストレッチなどやってみてください!

 

また、この筋肉はなかなか自分で鍛えるのは難しい物だといわれています

そこで、当院ではこのインナーマッスル(腸腰筋)を鍛えていく

機械(EMS)を取り扱っております。

この機械は複合高周波と呼ばれ電気のパッドを張り、

寝ているだけで楽に鍛えていけるものになります。

少しでも興味がある方は、是非一度当院までお問合せ下さい!

当院はホームページやSNSでも情報を発信しております!

是非チェックしてみて下さい。

下記のリンクからそれぞれのところへ飛べるようになっています。

 

ホームページ(院や治療法の紹介)

https://kugayama-miyabi.com/

公式LINEアカウント(LINEからもご予約できます)

https://line.me/R/ti/p/%40405uszcp

Instagram(院情報発信中)

https://instagram.com/kugayamamiyabi?igshid=1tdegzavmdyaj

しんきゅうコンパス(鍼灸治療の情報掲載!)

https://www.shinq-compass.jp/salon/detail/33931

Googleサイト(当院の口コミも宜しければお願いします❕❕

https://www.google.com/maps/place/%E4%B9%85%E6%88%91%E5%B1%B1%E3%81%BF%E3%82%84%E3%81%B3%E6%95%B4%E9%AA%A8%E9%99%A2/@35.6885058,139.5973271,17z/data=!3m1!4b1!4m5!3m4!1s0x6018f1fcb30f7765:0xe9497baaf6f5e2d9!8m2!3d35.6885058!4d139.5995158
久我山みやび整骨院

03-6454-2180

当院では予約優先でのご案内とさせていただいておりますので、まずはお電話お待ちしております!

■腰が痛いのにそのままにしていませんか?

新着情報


こんにちは、久我山みやび整骨院です。

今回は腰痛についてお話をしようと思います。

皆さんは腰痛で悩んだことはありませんか?

あったとしてもほったらかしにしていることはありませんか?

その腰痛そのままにしておくと大変なことになるかもしれません。

そんな悩みに対しての治療法、対処法などをいくつか紹介していこうと思います。

まず腰痛の原因として

・姿勢の悪さ

・過度の運動や動かし過ぎ

・筋肉の衰え

・骨の老化などが考えられます。

1.姿勢の悪さ

人の身体は正しい骨格の形があります。

横から見た時に首(頸椎)から腰(腰椎)にかけて緩やかなS字になっていてその下には骨盤があります。頸椎から腰椎の間にはクッションの役割をしている椎間板があり負担を軽減してくれます。S字になっていることで身体にかかる負担を和らげる役割をしています。

S字が崩れてしまうと身体に負担がかかり骨格のバランスが崩れ骨の周りについている筋肉が緊張し硬くなり痛みの原因になってきます。

ひどい人だと椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症を引き起こす可能性があります。

なので骨格のバランスをしっかりすることで筋肉が正常に緊張することなく機能するので痛みのは出にくくなります。

対処法としては

・パソコンやスマホを見る際はなるべく早くディスプレイと目の位置を合わせましょう。そうすることで首や背中への負担が減り猫背や巻肩を防ぐことができます。

・長時間触っていることも多いと思うのでこまめに肩首を回したり胸周りの筋肉のストレッチをしましょう。

歪んでしまった場合の治療法としてはまずは骨盤や背骨の位置を正しい位置に戻すことと背骨から骨盤に付いているインナーマッスルをしっかりトレーニングしてあげることで理想的な身体になるので腰への負担がなくなり痛みが出にくい身体を作ることができます。

2.過度の運動

1で述べた通り骨格が歪むと筋肉が緊張して正常に筋肉が機能しなくなります。筋肉が正常に機能しないのにもかかわらず腰に負担をかける運動(過伸展、屈曲、回旋)をすることで腰痛を発症しやすくなります。まず動かしすぎたなと思ったらアフターケアとしてストレッチや痛みが出る前に腰の治療を行うことをお勧めします!

3.筋肉の衰え

筋肉は身体全体についていますがここで重要なのは腹筋(体幹の筋肉)になります。腹筋にも色々ありますが特にインナーマッスルが重要になってきます。インナーマッスル(腸腰筋)が弱くなると身体の前後でのバランスが悪くなりインナーが弱くなることにより腰への負担が大きくなり痛みの原因にもつながります。腸腰筋は身体で唯一胸腰椎から骨盤を通り大腿骨小転子へ付く筋肉です。これが弱くなると骨盤が前傾・後傾したり猫背やストレートネックになり腰だけ出なく背部、頚肩部にも影響が出てきます。なのでインナーマッスルをしっかり鍛えることで身体の歪みがなくなり腰への負担と痛みが出るのを軽減する効果があります。

4.骨の老化

骨の中では常に古い骨が削られ(骨吸収)、代わって新しい骨がつくられています(骨形成)。これにより骨折しにくい弾力のある強さが保たれています。この骨吸収と骨形成のバランスが崩れ、骨を作る量よりも、削られる量が増えると骨の量が減少してゆき骨がもろくなります。

ダイエットなどによる栄養不足も骨の老化と考えられるので無理なダイエットや減量は控えましょう。

あとは筋肉による骨への刺激も大切と言われ散歩や体操、ストレッチなどやることで骨の老化防止になります。

これまで腰痛の原因を紹介した中で治療法や対処法も述べたと思います。対処法についてはご自身で一度やってみてください。

当院はまず原因追求をしっかり行なった上で治療を行なっています。

これそうかも?という腰の症状などあればお気軽に久我山みやび整骨院スタッフまでお申し付けください。相談お待ちしております。

当院はホームページやSNSでも情報を発信しております!

 

是非チェックしてみて下さい。

 

下記のリンクからそれぞれのところへ飛べるようになっています。

ホームページ(院や治療法の紹介)

公式LINEアカウント(LINEからもご予約できます)

Googleサイト(当院の口コミも宜しければお願いします❕❕

Instagram(院情報発信中)

しんきゅうコンパス(鍼灸治療の情報掲載!)

久我山みやび整骨院

03-6454-2180

 

お問い合せ

月~土 午前 9:00~13:00 午後 16:00~20:00
日曜休み ※祝日は診療致します。

お問い合せ